スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やる夫は皆の心に多くの花を育てるようです 第九章 後編 ~和~ ③+あとがき

862 :アフタ ◆HBH2mpcmOk:2013/05/03(金) 22:03:32 ID:PZN/Wum60

[死刑囚]やる夫は皆の心に多くの花を育てるようです[042]

    r'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'ヽ
    (  ♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪   .)
     )                                        (
    (                                          )
     )                ( ⌒ )   , -  - 、          .(
    (         __        i li    /(へ へ) ヽ         )
     )      . ´ '⌒ヽ  / `/"´ ⌒ く ヽゝ(_人_) ノ           (
    (  .     i : i从jハ!}  j  |i<ノ人人 \      _つ           )
     ) .     リj_!゚ー゚ノ! / /ヽリ;///ノリ |     〈           .(
    (       (( ,ハ巴つ |/  <_lj杏i>  |     ヽ           )
     )      )jイ=; {       ぐ/_l〉  |  / ̄ ̄ \_)         (
    (  .        j_.[_!       し'ノ   |__/                  )
     )                                        (
    (                                          )
     ) ♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪  .(
     丶~'⌒'〇'⌒'~⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'´
           O          -―==ミz<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
           o     _ イ:.:.:.:.:.:. ̄:.:.:.:ミ、:`ト、:.:.:.:.:.:.:.l
            ゚    ̄ 7:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.l:.ハ:.:.:.:.:. l
                 /:.:.:.:.:.:.,i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. V:.i:l '.:.:.:.:.:{
                /イ:.:.:.:.:/ l:.: i:.:.,i:.:.:.:.:.:.:.:.V:.l }:.:.:.:.l
              _ i:.:.:.:/ ̄Ⅵト7T7ト:.:.:.:.:.:.i//:.:.:.:.:.',
            r-'⌒:. l:i:. i ィzz、、|  _ .}イ:.:.:.:.}|. {:.:.:.:.:.:.:.:.、
          -≠::::::::::::ⅥハΛ///,  ‘¨”ノ:.:. /}! ハ:.:.:.:.:.:.:.:Y:.:.、
       ノ::::::::::::::::ー~:`L/八__r_ュ///≠::::}:.:   .:.:.:.:.:.:l:.:.:.i
    / ̄〈::::::::::::::::::::::::::::::::::::i/::::::::::/:::::::`7イ、〕:::::::::_ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ヽ ̄ .
   ./   \_::::::::::::::::::::::::::::::::::_r≠::、:::::::{::::::::::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.://:::ノ   .
   /      `ヽ--へ_r- /  ヽ::::::ヽ:::::::::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.厶-‐'´    .
  ./              // / , >_ノ、_ ァ'´:.:.:.:.:.:._ イ         .
 /              〈/_/ーイ/. ィf〔::._ -―r/                .
./                   //アイ     {               .
′                   {廴_,                        .
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
.`ーr―──────────────────────────r‐'
   .               、 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/               /
   .___________________________/
      Ⅵ.       Ⅵ.  .}    | .i    |   / /     / /
      Ⅵ.       Ⅵ. /     / 、    ト、  / /      / /
       Ⅵ.       Ⅵ.Λ   /   ヽ   Λ/ /      / /
       Ⅵ.        マ.':::::::ー:ァ     '.ー '::::::'./     / /
         Ⅵ.        .i::::::::::::/        ヽ:::::::::::l     / /

スポンサーサイト

やる夫は皆の心に多くの花を育てるようです 第九章 後編 ~和~ ②

760 :アフタ ◆HBH2mpcmOk:2013/05/01(水) 21:00:46 ID:xc8djsHQ0


┌──────────────────┐
│別館 2階 受験生進入禁止区域にて  .....│
└──────────────────┘

                             |      |
                             |      |
        || ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄||     |      |         || ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄||
        ||        ||        ||     |      |         ||        ||        ||
        ||       [||        ||     |      |         ||       [||        ||
        ||        ||        ||     |      |         ||        ||        ||
        ||____||____||     |      |         ||____||____||
                             |      |
                             |      |
                             |      |
                             |      |



                     ___
                ,......::::::::::::::::::::::::::ミz::::...           ,ヘ
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,        i /
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.       !'
              ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..      。
.            ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: / ::/::::::::::::::::::::::::::.
.            .:::::::::::::::::::::::::::::::::/ ::/:::/ ::/ ::l::::::::::::::::::::::::::
           /::::::::::::::::::::::::: /::/ ::/:::/ ::/ ::/}::l:::l::::::l::::::::::::
           ,.::::::::::::::::::::::::: /::/ ::/:::/ ::/ ::/ :|::|:::|::::::|:::::::::::|
.          / } ::::::::::::::::::::: ≧=-ミ、/ ::/ /_,厶 -匕 :}:::::::::::|
        .′l:::::::::::::::::::::::Y ん心 ::/   .ん心 Y::7::::::::::::|
         }  | ::::::::::::::::: i:{^ Vzり       Vzり ^/::::::::::::::{
.          |iハ::::::::::::: 从 ´¨     i     ¨` /}::::::::::::::::   ・・・見つけた!
.           }j ':::::::::::::::::. \               .:::::::::::::::::..
             / ::::::::::::::八      ⌒      ,:!:::::::人:::::::..
.            / :::_:_:_:l::::::::介 .       . イ..|:::::::{_:_:\::::..
           / -‐}i. . .!::::::!. .i:\>. __ .</}. .|:::::::|. . . i{‐- \
.          , ´   }i. . .!::::::!. .}_ \,,  ,,/___,}. .|:::::::|. . . i{   `ヽ
.       /   `ヽ,}i. , .!::::::!. .{::::::≧∧v∧≦:::::}. .|:::::::|. . . i{      .
       /       ∨. .!::::::!. .|::::::: ⊇{〃}⊆ :::: |. .|:::::::|. . ∨    ∧::.
.      /         ∨.!::::::!. .乂 :::::::::水::::::::: 乂. .|:::::::|. ∨/    / i〉::\
.     /〉    \   }.|::::::l. . . ..≫ ::}[o]{:: ≪_ . . |:::::::|. .{ ′       { ::::::: \

やる夫は皆の心に多くの花を育てるようです 第九章 後編 ~和~ ①

687 :アフタ ◆HBH2mpcmOk:2013/04/06(土) 22:00:27 ID:sEhtq.0k0

~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~

                            第九章 後編 ~和~

~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~

やる夫は皆の心に多くの花を育てるようです 第九章 前編 ~争~ ②

575 :アフタ ◆HBH2mpcmOk:2013/04/03(水) 20:59:56 ID:8J2Za3SE0

┌─────────────┐
│研究員 モニタールーム     .│
└─────────────┘

   ______                        .|   \
  iヽ\/ ̄ ̄|「]    _____________.|.      \
  |, |二二二二|     |\                \      \||
  |, |___LI.|     |. |二二二二二二二二二二.|       \
  |, |___LI.|__ | .|  |;;;;;;;;;;;;; l二二二l;;;;;;;|  |.        \
  ヽ|____|   ..\|_|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; | | ,;;;;;;;;;; |_|           \||
      _ lilヾ二二l_r──、___ ./ | \     \
     ||\  !、l ___i_i`i__i  \.           \
     ||..__\._..,||\__\ .f'´ヽ::.. \.           \
      |\ _ ||/ ! i  | |、rt |:   \ l\        \
      |\. \ヾ\|__.i___/ ヽくヘj      \ il.          \
      |  i.\.\(D~^'   \         \.           \
        \|_,\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
       //ヽ   .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
             ||_____|| |_____||

やる夫は皆の心に多くの花を育てるようです 第九章 前編 ~争~ ①

477 :アフタ ◆HBH2mpcmOk:2013/03/31(日) 21:00:05 ID:aUywHn1A0

~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~

                            第九章 前編 ~争~

~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~

やる夫は皆の心に多くの花を育てるようです 予告4

523 :アフタ ◆HBH2mpcmOk:2013/03/27(水) 01:01:19 ID:Eolizj0U

[死刑囚]やる夫は皆の心に多くの花を育てるようです[042]


..........................
 -、 ,::´ ~、...:. .:. .:       , --  、
     , _,./~,ノ i ,       /      ヽ
   _,.ー~ ;;;、 ヽ/(_),        ゝ     ノ
,'i"~ヽ_,.ー~ .           . (|     |)
,,_゜”´ヽ、 ヾゞ;;^,'"~丿(_) 、、,,,.,~|     |  O ´"”'';::. ..,,,,
ヾ、,..-.ノ  ̄ ~l| ,,.,,ll ,,..,..i.,,,,ヽ::.;;'';;;.し   J''" ::.;;'' ;;:;:  :::'';:::.,,
 、,..ll ,.ー'',ヽ, l|(_,,)ヽ,_::ノ/ /  ',_;;ノヽ::.;;'' ヽ::.;;'')ヽ::.;;''ヽ::.;;'' 、,, ::(_)
(_,,)li, ''" ,~、 ヽ ,ll , ー、i'"~"'ヽ, ii  __ 、_ o;;ヽ::.;;''  _..,,..( ,,)/:. :::;''
 ヾ~ ,,::;;iヾ  'i"~ .....:::;; ..::/" ~゛7''~゜,、 ~" ,. -ー'’ :::::: "'ヽ i:.;;''
 ( ;:(O/ヽ、 / 'ヾヽ ,,..,, 、i   /ヽ、_、i,,.::./...:::;; ..ヽ/" ~゛7'':.;;''
 / ;,ノ  ´ーj、´' ,:::;;(○、/  ,,ノ,,,..  // 'ヾヽ ,,..,, 、 i   / ;;  _:.;;''ヽ
 ヽ i、__ ,,ー’´ヽヽ、 ,i' ~''"’、;;;;'''(_,;;;,) ,i ij、´' ,:::;;(;;;○/  ,,::ノ"''"”。;;;'"/
 ;;:::...::::   :::;;;;i | ’ーー -´ヽヽ |;|..:::// ヽ、 ,i' ~''"’、;;;;'''ヽ、^,'"~ヽ.,,;;/

(以下の話の内容は原作にないアフタの完全独自設定なので原作既読の方は要注意)

やる夫は皆の心に多くの花を育てるようです 第八章 後編 ~祈~ ②

379 :アフタ ◆HBH2mpcmOk:2013/03/12(火) 21:02:18 ID:y4Fu3bEQ0

┌───────────────┐
│特別リハビリセンター 入り口     │
└───────────────┘

                 ______
                /│     |
                 │ |.  †  │
                 | |     |
  ミミ皿皿皿皿皿皿皿皿皿|     |皿皿l ̄ ̄ ̄l皿皿皿皿
ミミ彡ミミミ,,、田 田 田 田 |     /|             |
ミミミミ彡彡ミ             |  /   |             |皿皿皿皿皿
ミ彡ミミミ彡ミミミ 田 田 田 .|  │   |             |         |
ミミミミ巛彡ミミ,         |  │   |             | 田 田 田│
ミ彡彡ミミミミミミ       / ! ̄ ̄ ̄ ̄|             ,   |         │
ミミミミミミ彡ミミ         | |.    ---│   | ̄ ̄|  | ̄ ̄|. │         │
|  i;ll;:|           | |   ┌─|   |┐  |  |┐  |   !      ;;;;;;;;;;;:
| ノ!i;::i             ヽ |___.!__|   |┘  |  |┘  |   ! ==;;:;::;;;;;;;;;;:
|二二二二二二二二二|.          |__..|__|_|__|____|.:.:.:.: ... .. .
:.:.:... ...:.:.: .... .. ..:.:.:..: .:.:.:.:.:.:.:.... .. ..       :.:.:.. .:.:.:.:.... .:.:.:.:.:..... ... .. ..
. :. .:.:.:.: .: .... .:.:.:. .:.:.:.: .: ... .. :. .:.:... :.:.:... ...     .. .. ... ..:.:.:..: .:.:.:.. .. ..:.... ... . ..

やる夫は皆の心に多くの花を育てるようです 偽伝 第伍章 ~決意~ 後編

325 :アフタ ◆HBH2mpcmOk:2013/03/10(日) 22:37:51 ID:wOjMl.js0

                  _,._. -‐ ─ ‐- 、....
              ..,. ´::::::::::::::::::::::::::::::::`丶
            ,.../::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           .,:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'
          i:::::::::::::::::γ⌒ヽ::::::::::::::γ⌒ヽ::::::::::::::!     偽伝 後編の投稿は
            、.!:::::::::::::::::乂__ノ:::::::::::::::::乂__ノ::::::::::::::::|
           .!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i    3月12日(火)20時を予定しています
            .!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'
          '、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::/     よろしければ見てやってください
           .丶::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:'
              \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/       それと後編は [偽伝 第肆章]の内容を
           _ィ丶 ._:::::::::::::::::::::::::::::::::::;::/.ヽ、
       _,. -‐'"   l | .`゛‐-==-゛` ' l !  `ヽ、._   踏まえていただけると話の流れがわかりやすいです
  _,. -‐ '"      l |   \       /   | l      `` ー- 、._
‐'"      _,. -‐  ̄`ヽrァr--`‐──'‐‐-r ,! !           `` ー-
    _,.ィ´     ヽ、._ ヽ        ./ /i  l
ァ‐/ /         \_ノ!        l / l  ',
 /   {       `ヽ、  }!ヽ!       /V !   ヽ
 !   ヽ      \  Y |  ` r====r'´  |    〉

328 :名無しのやる夫だお:2013/03/11(月) 00:50:06 ID:kvtuvSSc0
把握しました。楽しみにしています!

やる夫は皆の心に多くの花を育てるようです 偽伝 第伍章 ~決意~ 前編

228 :アフタ ◆HBH2mpcmOk:2013/02/09(土) 13:48:17 ID:XI43UYPw0




              , -─-  、
              /::::::::::::::::::::::::\
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`、 申し訳ありませんが急用が入ってしまったので
  .          l::::::::::::::::::::::◯::::::::::::::l
  .          l:::::::::::::::::::::::::::::::::::O::l 偽伝の投下そのものは深夜0時から2時台に行います
  .           、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                \::::::::::::::::::::::::::/
            ____`_ー-   -‐´
         '´::::::::::::::: ト、ヽ.___
       ,. '´--、:::::::ヽ:::メ'´`iT〈シ
       /::::::::::::::ヽ:::::::ヽ::ヽノ、 ヾ .r-‐…ヾ、
      ハ、:::_::::::゙';::::::::ヽ::::ヾ! i ._c},//∠.. Y
     ,/:::::_::::,-::::::',::::::::::l__; .zy('ー-__ -ー')勹
    /::::::::::::::::::::,,,;;ァ^f´   〈/  `     ´  ハ
   /、:::::ニニ/:::::{ !   、{: :       . : : : }:::{
.  /:::::::::::::::::/::::::.:::丶 マ''ヽ._ヽ>x、_____;_;_;_ノ::::〉
 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.>'′.::::::::::::::::ll丶:::::::::::::::::/

  ______________________________
 |┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓|
 |┃ 話の中心人物・・・真崎(テッサ)                         ┃|
 |┃                                            ┃|
 |┃ 時系列・・・8章内                                   ┃|
 |┃                                            ┃|
 |┃ あらすじ・・・暴走する 023号こと山村遺作 傷つく仲間たち   .┃|
 |┃        傷つく仲間を守るため彼女は一つの計画を        . ┃|
 |┃        実行に移す 果たしてその計画とは・・・         ┃|
 |┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛|
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

229 :名無しのやる夫だお:2013/02/09(土) 16:30:51 ID:Sn6f7xCA0
了解
ただ、その時間だと寝ちゃってるかもしれぬ。


やる夫は皆の心に多くの花を育てるようです 第八章 後編 ~祈~ ①

175 :アフタ ◆HBH2mpcmOk:2013/02/03(日) 21:00:54 ID:jepqrO2E0

~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~
                            第八章 後編 ~祈~
~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~

やる夫は皆の心に多くの花を育てるようです 第八章 中編 ~炎~

45 :アフタ ◆HBH2mpcmOk:2013/01/20(日) 21:00:35 ID:kkbAvC0.0

~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~
                            第八章 中編 ~炎~
~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~

やる夫は皆の心に多くの花を育てるようです 第八章 前編 ~闇~ ②

240 :アフタ ◆HBH2mpcmOk:2013/01/14(月) 21:31:07 ID:tGJzVXuo

  __,...-=≠=_,...-=≠=,...-=≠=,...-=≠=,,...,...-=≠=-,...-=≠==≠,...-=≠==x、_
/´ ̄        ¨                                                     ̄¨ハ
|I            こいつに僕たちの実験の足を引っ張られてたまるか          I|
ゞx、_     __,,..     __,,..    __,,..    __,,..        __,,..    __,,.. _   __,,.._,,...ィⅣ
  ` =≠彳⌒¨ヾ=≠彳⌒¨=≠彳⌒¨=≠彳⌒¨ー=≠=≠彳⌒¨=≠彳⌒¨彳=≠彳⌒¨⌒¨ ̄

                 ________
              ..-''"´::::::::::::::::::::::::`''‐、
            /:::::::  :::::::::::::  .:.:.:.::丶
            /::::/‐..、:::::::::::::ii:::::::::::::.....‐、:ヽ
           ,':::::!   `''‐ 、ハ...-''"   ゙、.ハ
           .i:::::′            .〈:::::!
           l-、i r'''≠ョュ__、  _.uョ≠ヤ、i::,-l
          〈 キ ゙`!夕゙"′ r゙゙'゙.!夕"゛ .ツ !
          ハ ヾ.   ̄   {    ̄  .リ  メ
         /:::::乂」.      !      亅メ:::'、  ・・・であるとは思いませんか 博士?
        ∧:::::::::::∧.     丿     ./:::::::::∧
       ./ :::::::::::::::.∧   ー――'   /:::::::::::::::∧
       /.:.:.: .:.:.:..,'::::::|丶   ´    ,.'i、:::::::   ∧
      ./:::::::::./:::::.,'::::人 丶     ,'  i::i:::::::::::::::::∧
     /:::::::::〃:::::,'/′ヽ  ー--―´ ./ヽ|::::::ヽ:::::::∧
     /:::::::::/,':::::.7  !   ''‐...._....-''´  ii:::::::::.ハ::::::∧
    .∧:::::::/,':::::::.!  .f.,    ∨ ∨    ll:::::::::i V:::::∧
   ,,..,':::::::∨,':::::::.i  .ハ   /. i  .∨  _イ .i:::::::::i .V::::.∧゛''‐-.._
  " ,':::::::∨,':::::::::i   キ \. 人,,.ゝ._,人 ,/.7 i:::::::::i V:::::::キ    `''ー
   !:::::::::,' 7:::::::::i   ヤ. `./ !| .∧ ゙ ,' ..i:::::::::i ヤ:::::::キ
   .!:::::::::.i .i:::::::::.|   ∧ .∧   !!. ∧ ∧ ヤ:::::::i .キ:::::::キ
   ∟」__l .|:::::::...|.    .V    .i.i.  ∨  .i:::::::::i .キ:::::::キ




        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        | 下手すれば実験の中止のきっかけになってしまう
        \____________________
             O
            o
            / ̄ ̄\
          /   ⌒ ⌒
.          |    ( ⌒) (⌒)
            |    (___人__)       へぇ 成程
          |     ` ⌒´ノニコニコ
             |        |
           人、       |
       _,イ ト、ヽ 、 __ ,_ ノ
 ,. -─‐-´   l  ヽ,\__、_ノ7
/´        :i   ハヘ、;;ヽト、
. : .        :i   ハ 〉:.;〈ヽ \、_
, : : . \      :L__  v;;;;ヘ ' ,<. ヽ
. : : : . ヽ: .      く   '';;;;;ヘ l `l `-、
!: :    、: : : :     ヽ   '';;;;ヘi   i  r i
 .´: : : .  ' : : :      \   '';;;::|  ,| __| |
: : : : .  .γイ: .       ' .,  ':;;:|  l、__j.|

やる夫は皆の心に多くの花を育てるようです 第八章 前編 ~闇~ ①

118 :アフタ ◆HBH2mpcmOk:2013/01/13(日) 21:00:07 ID:4hsCutpw

~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~
                            第八章 前編 ~闇~
~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~

やる夫は皆の心に多くの花を育てるようです 偽伝 第肆章 ~変化~

4 :アフタ ◆HBH2mpcmOk:2013/01/02(水) 23:07:33 ID:QyVLxkQE

                      , -‐-.....、.
                    ,.'::::::::::::::::::::::ヽ!
                 i:::::::::::::::::::::::::::::. ..._  ,...._         それと 明日22時に
                  i:::o::::::::○:::::::::;'.''"´,.-'´    \
                ヽ:::::::::::::::::::::,/ .r‐'´、.      )、     「偽伝」の投下を行いたいと思います
                     `ー-- ´,; ,\ -‐‐ 、.,.. 、 / ヽ.
                     __/, ‐'ー-γ      {  リ ヽ.   ',
              / ゙     ヽ     入 '.,}' ヽ  ',
                 /         ヽ‐ャー''´   ゝ.r ´`ヽヽ
             i,. -''ヽ.__,...___,ノ'")r‐' ー、 / , '/´フ.,'′
            /  ,/'" ヘ ハ々 ,-'" ヽ._,.. -く { / '  /
              /  ,ノ'   リー 、._ヘ、 ,.. '" ', ___/   ,ノ′
          人 _,./'´,' /   `{ ⌒ーァ-‐-y'´   /{
        /´ノー7/,ノ‐'´      )ヽ、 }''    ,//´',
       ノ′,'´ )r'/       /,' ハ、ヽ_,.  ノ,/ ,'  i
    ,/´  ノ'"/       / ,'  {  ヘ  ̄ Y   :  .i
   / >、.. -‐'' ´        /′ ノ} ,'  : ヽ ,ノ !      {
  _ノ ,..-イ               / , ' ノ ,' / v }イ  i {     i
 { rァ ,..(           / , '  } ,' イ  / .!   }、゙     |
 {゙{. ( ヽ)          i ,'   i ノ   /   ',  リ ヽ、 ,' |
  ` `′           レ   ノ〃,/     i i   ∨ ,!
               / 〉._,///       ∨:   }. /

【偽伝の詳細】
  ___________________________________
 |┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓|
 |┃ 話の中心人物・・・真崎(テッサ)                             ┃|
 |┃                                                ┃|
 |┃ 時系列・・・6章内 椎名が入院~退院までのお話                      ┃|
 |┃                                                ┃|
 |┃ あらすじ・・・負傷した椎名の代わり カウンセラー業務を行う真崎          ┃|
 |┃         和やかな田嶋との会話の中でかつての自分を思い出す彼女  ....┃|
 |┃        そうこうしているうちに 渋い顔をした刑務官がやってきて・・・     ┃|
 |┃                                                ┃|
 |┃ 注意点・・・原作で不明だった研究員達の役職が                    ┃|
 |┃        アフタの妄想で決めつけられております                    ┃|
 |┃                                                ┃|
 |┃       ・真崎の「椎名化」が原作よりも早い上強烈になっております       ┃|
 |┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛|
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

やる夫は皆の心に多くの花を育てるようです 偽伝 第参章 ~母子~

263 :アフタ ◆HBH2mpcmOk:2012/12/28(金) 22:48:06 ID:L5a2JerY

          ,. -─-  、
         /:::::::::::::::::::::::::\
       ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
       l:::::::::◯:::::::::::::::◯:::::::l
       l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
        、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
           \::::::::::::::::::::::::::/
             ` ー-   -‐´
          ,≧ト‐v‐≦、
        /.:::〃 ̄`ヽ:::.\
          /.::::::::|' l/| ) ミ|::::::::.ヽ
       〃:::::::::j┐ 「/⌒ヽ::::::::i
       f::::::¬' `ーへ  }ゝ:::l
       {::::::::::{{、 ,,_ノ:トr_ノ::::::::〉

それと次回は 巴さんを焦点にあてた「偽伝」を
明日29日の17時に投下する予定です おそらく今年最後の投稿となります


┌────────────┐
│投下予定の偽伝の詳細    │
└────────────┘

┌──────────────────────────────────┐
│話の中心人物・・・田嶋巴(理恵)                             ...│
│                                                  │
│時系列・・・1章より前 田嶋(やる夫)が発見されてから数年後           .....│
│                                                  │
│あらすじ・・・失踪した息子が帰ってきて数年 ほとんど喋ってくれない         .│
│       息子に対して 母親はあることを思いつくが・・・               .│
│                                                  │
│注意点・・・前作偽伝と同じでほぼセリフ地の文なしのトーキー劇場となります    │
└──────────────────────────────────┘

やる夫は皆の心に多くの花を育てるようです 偽伝 第弐章 ~誰為~

162 :アフタ ◆HBH2mpcmOk:2012/12/25(火) 20:36:20 ID:SiBHQMbM
みなさんこんばんは
私が参加しているクリスマスパーティーの影響で少し投稿が遅れそうです
楽しみにしてくださっている方々申し訳ありません 投下直前になりましたら告知いたしします(日付が変わる迄には何とか・・・)

164 :小さな名無しさん@この板は300レスまで:2012/12/25(火) 23:15:31 ID:iPeGngHQ
クリスマス…だと…?

グギギ


【『・・・』がくれたもの】

309 : ◆22wgEgfwPk:2012/12/25(火) 00:10:46 ID:LVfkFP4s0

ーこれはとある母と子のお話ー

                                   ー-、
                  ∧o**∧・゚     ,....-‐==≧、__ ⌒)*∧。*゚  ∧*@。*゚
           ゚・**@<:@:><:@:>*..ィ州州州州州州≧x ` ⌒)@:><:@::(⌒V⌒)
         *∧:(⌒Y⌒)(/ヽ):@:(/ヽ) .ィ州州}li州|lⅦi州i州Ⅸ}ハ.)¨(⌒Y⌒(⌒\::::::::/⌒)
        (⌒Y⌒)*☆*⌒)ヽ)(/ヽ):@: イリ州州Ⅶ}l}i}l|Ⅶ}iⅥ州li州li.(⌒*☆*(_ >:::○:::< )**゚    【『・・・』がくれたもの】
       (⌒*☆*⌒)人__)゚*。.ヽ)@..,イ州州州|‐Ⅶ州|! }l}ハⅥリ州州..¨(__人__(_/::::::\_)¨Y⌒)
    (⌒Y¨(__人__)(/ヽ)o*        ./イ州州l  Ⅵヾ! リ__`ソ l州州!       .。*(_∧_)⌒*☆*⌒)
   (⌒*☆*⌒):@:>            ノ'州l}l|.,ィ云ミ   .ィ云ミ、l州州ミ、         .(⌒*☆¨(__人__)*。*゚
    ¨(__人__)(/ヽ)              |! |l州li!l{弋リ .i 弋リ〃リ}!Ⅶ       __.(__人__):*☆*⌒)
   。*゚ 。∧*∧**              |リ、ハ`     :{    /リイ{!     .<::::::::::::::::> 、 .(__人__)o@
    @<:@:>::>*               .}! `∧   r―┐  /{!     ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ .*.∧**∧
     *(/ヽ)ヽ)o*               }!l}\. ゝ ノ ./ハ{   .,.:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\..:@:>.:@:>
     o*∧:@∧*               r≦}、_>ー<_z|≧  ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ . Y⌒)ヽ)
    ゚<:@:<:@:>@               _ィ!三ミ== | r==ニ彡ト、.,'::::::::::::; 、::::::::::::::::从:::::::::::::::::::::::l)☆*⌒)
     .(/ヽ(/丶).*・゚         .,ィ==ニ三///////l_|_|//////ミ!::::::::::::j‐ V:::イ::;イ,,=‐}::::::::::::::::::::! .⌒)**・゚
        *(⌒Y⌒)o        .iハ/////////////l  |'///////l::トl::::リヒ:マヾ/ ヒ::マ j:::ィ::::::::::::::リ   _
.       ,  -‐―-ミN /二二ニ ミメ ハ////////////,l○!'///////;::vj::::ト ""   """ ´ /:::::::::::::/_ / 」
      ./  / ̄`ぅ  ´ ̄ ̄`:.:..<℡::く,///////////,! .!'////////.` l::::::ヘ  ′    /ィ::::::::::;ムヽ;`=´
        _/ シ.´.r:.:.. ,、 ⌒.;:.  ̄`丶寺心./////////,! .!'/////////.ヾト;:::::\ ‐-    j::::::::ィ::l   {::::\
     .く:i:㌻.:r {.:. / \.:.:.:マ:.:.:.:、.:.:.:.ヘxく ////////,| .|'///////// / .Y:::::::::l\  ,  /:::::::/ リ    v:::::::ヽ
      |i:/.: :..| ;j.:.′   V:ハ:. :.:.li..:.:.:.::, :, ////////l○!'//////// ,' / |:::::::::|   ̄}  イ::::::/ ニヽ-、 |::::::::::ヘ
      .,:::〉..:.: ._|:.L!..|    ヘ:Γ` l|.:.:.:.:.:.:, .!.////////| .l//////// , /  l::::::::レ /j _ ‐7::::/ ´    V:::::::::::::ハ
.     ,.:::′.:.:.:;1.{ 亅      |___..l|.:.:.:. :.|i: !.////////| .|'/////// .i〈ヾミ.v::::::レ´ " _ -;:::::レ´ ̄ ̄ ̄ヘ :::::::::リ
     ,.::И:..:.:.| i_i___      Y´ ̄`|:!:.. :. リ.:| ////////! . |/////// .l  / X::/  ,  ´ イ:::/        Y::::::ノ
   ...,7:从:.:.: レ´ ̄`   ,    ///从 :, イ:.:.| .///////,l○!///////,.l/  / リレ´  < ノ; '         l::/
    i : .i:ヘ:.キ///   _____  /;. ィ’ ノ:.:.:|.l////////| .|'////////  / / ,  ´        ,.       ├ 、
   .i |: : |:.从ヾ,   Y ´   `' i´ .,匕 : 刈.|i///////,| .|//////./  /: : ヽく        /         l:.:.ヘ
   ...| | :.:.i/ :.个ぇ、   、    ノ,∠,_:. .: :.ハ|.'////////| .|///// .l  { : : : : : \      /           |:.:.:Y
   ...| | :. 「:.:.:.:,_}L,ミo。.ニ <_7⌒ーくjム.:..///////l○!/////.j   ト 、: : : : : :\  /         l:.:.:.j
   ...| | :.:.|:. ム_     八    _/:  /γ⌒ゝ:.,          イ  l:. ̄`:.=: : : : : ヽ,.'            j:.:V

やる夫は皆の心に多くの花を育てるようです 第七章 後編 ~母~ ②

30 :アフタ ◆HBH2mpcmOk:2012/12/19(水) 22:00:24 ID:2rE3v3Rc

┌────────────────┐
│週明け 研究員 モニタールーム   .│
└────────────────┘

   ______                        .|   \
  iヽ\/ ̄ ̄|「]    _____________.|.      \
  |, |二二二二|     |\                \      \||
  |, |___LI.|     |. |二二二二二二二二二二.|       \
  |, |___LI.|__ | .|  |;;;;;;;;;;;;; l二二二l;;;;;;;|  |.        \
  ヽ|____|   ..\|_|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; | | ,;;;;;;;;;; |_|           \||
      _ lilヾ二二l_r──、___ ./ | \     \
     ||\  !、l ___i_i`i__i  \.           \
     ||..__\._..,||\__\ .f'´ヽ::.. \.           \
      |\ _ ||/ ! i  | |、rt |:   \ l\        \
      |\. \ヾ\|__.i___/ ヽくヘj      \ il.          \
      |  i.\.\(D~^'   \         \.           \
        \|_,\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
       //ヽ   .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
             ||_____|| |_____||

やる夫は皆の心に多くの花を育てるようです 第七章 後編 ~母~ ①

232 :アフタ ◆HBH2mpcmOk:2012/12/15(土) 21:59:41 ID:alvTG/Ho

~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~
                            第七章 後編 ~母~
~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~

やる夫は皆の心に多くの花を育てるようです 第七章 前編 ~鈴~ ②

112 :アフタ ◆HBH2mpcmOk:2012/12/08(土) 22:00:06 ID:Wxrc/xhU

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::,;;,

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;:,,,.,:;;:;.:;:..:;;:;:.::,,::...,.. . ..
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;,;;;;;;;;;;;;;;:;:;,,;,:;;:;;:;::;.;.,,:;;:.:,..;:;.,.::....,..::..:.     ..

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;:;:;:.;:;:.,::;:.;.;:.;:;,,.:;:,,.. :.;..



;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:.:;:;,,:.;:,,::;:;,,:,:,::..,. ..

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::,.;;:;:,.;;:;::....,,.,.
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;,;:.:;;:;:.::.,,.
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;:,:.:;:.::,,..,,,...,

;;;;;;;;;;;;;;;;,;:.,:;.,.;:.:;,:;.. ..,,. .. .
;;:;;:.,;:,.:,.:.,,..,.,...:.,.:

やる夫は皆の心に多くの花を育てるようです 第七章 前編 ~鈴~ ①

2 :アフタ ◆HBH2mpcmOk:2012/12/01(土) 06:22:43 ID:VcGMJC9w
                 ,,... -──-....、
                   ,. ´:::::::::::::::::::::::::::::::丶、
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',     予告を見てきてくださった方 大変申し訳ありません
            i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
              {:::::::::::γ⌒ヽ::::::::::::::γ⌒ヽ:;-、} ∩   私のPCのネット環境が不調で
             |///ヽ乂__ノ::::::::::::::::乂__ノ〈ヽ. ヽ |!
             l// / )/ l::///:::|  |:::::} l | |}  予告通り30日に上げることができませんでした
             | l ! |/  .|:::::::::::::::::::::l  l:::/ ! ! .|
            |l !  ヽ. !:::::::::::::::::::::l  レ    /‐-  この場を借りてお詫びします
              /:\   \!::::::::::::::::::::i/   /|::::::::::ヽ
           /::::::::l\   ヽー-- 'ハ    /  |:::::::::::::'
.         /::::::::::::::/:\___|/´;:;:;ヽヽ--‐':::ヽ  |::::::::::::::
         |::::::::::::::/'\:::::::::::/i;:;:;:;:;ハ:|::::::::__/ヽ.|::::::::::::::
         l:::::::::::/::::::::::::` ̄:|.〉ヘノ::::〈: ̄::::::::::::::::';:::::::::::::
         i:::::::::/::::::::::::::::::::::/;:;:;:;:l :::::';:::::::::::::::::::::::V:::::::::

やる夫は皆の心に多くの花を育てるようです 予告3

577 :アフタ ◆HBH2mpcmOk:2012/11/30(金) 02:29:40 ID:rhlRlv6o

   。 o     ゜      .  。    ゚        o    。
 ○     ゚  。  ゜     o              o       o
            o          ○      。   .    ゜      ゚
 o   ゚   。                       o   。       。
             o     o     .   ゜    ゜       ○
  。             ゚     o      ○     o  ゚   o
    ゜    o   ゜            。                ○
゜    ○             o      o      o   ゜    。
 o ゜      .   ○    ゜          ゜             o
_\  _   ゜         。    。   ゜      o    _  ○ ̄ ̄
  ○ \    o    ゜               。       / /
 ̄ ̄|__ \\ 、     。     ゜     ゚     ○//。__| ̄ ̄ ̄ ̄
∃  |   |  | l l ゜           ゜    。 l l |  |   |○田 田
    |田 | 。| | l      ゜     ゜    。  ゜   l | |  | 田|    o
∃○|   |  | |。  ゜ . .. ... .. ... . ... ...゜ . .. .. ..    l |。|  |   | 田 田
    |田 |  | l‐    .....   ....     .....     -| |  | 田|
∃  |   |○― ....    o      ....   ○ ..... ―  |   | 田 田
   o.... 一      ....     ○    ...  o   ....  ー- | 。
―  ̄   o   ⌒                          ̄ ― -
  ....               ....        ⌒   o  ....      ....

やる夫は皆の心に多くの花を育てるようです 第二部の章とキャラ解説

286 :アフタ ◆HBH2mpcmOk:2012/10/02(火) 22:01:32 ID:D2lcZBR2

          _;;...:         宣言通り 第二部の章とキャラ解説
          ‘j_ i;.:
         ; '´r'ー'         その他説明をさせていただきます
        ヽ、,_`ヽ、
         ;ー'-一゙ー;、 ,     では早速章解説から
        ィ'´     ,Yノi、
       ,/     、  /,.-‐-.、
      yt ;ー   `}ソi'::::。::::::i
      ir'´   ,_,ノ゙;-ゞ:::::。:ノ
     /  ソ'"~::;;;:::;::::::::`'ー;、
     j’ ィ゙;;::::::;t-、__;;;;;;;::::::::`ヽ、
  ji;_、ィ' _;'´|;;:::::::;:I   ~'ヽ、_::::::::::`'、,
 ゙ェ'_ _,;ヽ'  i,::::::::::|     `';;;:::::::_j
   '~   ;-、j’;;:::::::l       `'ーi´ `';、
     /~.,i、:::::::::::::}         `ヽ,.ヽ、
    { !{ `ヽ-ー'           j~ !ソ
     `―’               ̄ ~

やる夫は皆の心に多くの花を育てるようです 第六章 後編 ~望~

142 :アフタ ◆HBH2mpcmOk:2012/09/30(日) 20:59:57 ID:2UktlCsw

                                  *注意*
┌─────────────────────────────────────────────────────┐
│・この作品は小手川ゆあ先生作「死刑囚042(オシニ)」を原作としたものです                          ......    │
│                                                                           .    │
│・初めてのやる夫スレ投稿のためご覧になって様々な面でつたないところが多分に起こりうると思います(最重要)       .    │
│───────────────────────────────────────────────     ...    │
│                                                                           .    │
│・大まかなシナリオの改変はありませんが、この物語の構成には私個人の独自の解釈や演出、展開が発生しています   .    │
│                                                                           .    │
│・制作の展開しだいによってはオリジナルエピソードを挿入する恐れもあります(結末は変更しません)             .    │
│                                                                           .    │
│・原作が青年向け雑誌の連載されていたため、今作には一部暴力的表現や性的な描写(R-15程度)が含まれます         │
│                                                                           .    │
│・多くの既読派の方には申し訳ありませんが、ネタバレはご勘弁願います                             .....    │
│                                                                           .    │
│・貴方のお気に入りのキャラクターがキャラ崩壊、敵役などで不当な扱いを受けてしまう可能性があります          ....    │
│                                                                           .    │
│・話しがつまらないなど私への文句は問題ありませんが他の個人や団体に対する過激な発言はお控えください          ...│
│                                                                           .    │
│・より最適な演出やAAの貼り付け方法などのご指示や叱咤激励は歓迎いたします                         .    │
│                                                                           .    │
│・以上の文をご覧になって問題ない始めてほしいという方はよければおつきあいください                    ......    │
│                                                                            ....│
│・死刑問題という難しい話しを題材にした作品ですがスレの雰囲気が悪くなるので議論はおやめください               │
└─────────────────────────────────────────────────────┘

やる夫は皆の心に多くの花を育てるようです 第六章 中編 ~空~ ②

38 :アフタ ◆HBH2mpcmOk:2012/09/28(金) 20:59:49 ID:b4v2HcsA

                                  *注意*
┌─────────────────────────────────────────────────────┐
│・この作品は小手川ゆあ先生作「死刑囚042(オシニ)」を原作としたものです                          ......    │
│                                                                           .    │
│・初めてのやる夫スレ投稿のためご覧になって様々な面でつたないところが多分に起こりうると思います(最重要)       .    │
│───────────────────────────────────────────────     ...    │
│                                                                           .    │
│・大まかなシナリオの改変はありませんが、この物語の構成には私個人の独自の解釈や演出、展開が発生しています   .    │
│                                                                           .    │
│・制作の展開しだいによってはオリジナルエピソードを挿入する恐れもあります(結末は変更しません)             .    │
│                                                                           .    │
│・原作が青年向け雑誌の連載されていたため、今作には一部暴力的表現や性的な描写(R-15程度)が含まれます         │
│                                                                           .    │
│・多くの既読派の方には申し訳ありませんが、ネタバレはご勘弁願います                             .....    │
│                                                                           .    │
│・貴方のお気に入りのキャラクターがキャラ崩壊、敵役などで不当な扱いを受けてしまう可能性があります          ....    │
│                                                                           .    │
│・話しがつまらないなど私への文句は問題ありませんが他の個人や団体に対する過激な発言はお控えください          ...│
│                                                                           .    │
│・より最適な演出やAAの貼り付け方法などのご指示や叱咤激励は歓迎いたします                         .    │
│                                                                           .    │
│・以上の文をご覧になって問題ない始めてほしいという方はよければおつきあいください                    ......    │
│                                                                            ....│
│・死刑問題という難しい話しを題材にした作品ですがスレの雰囲気が悪くなるので議論はおやめください               │
└─────────────────────────────────────────────────────┘

やる夫は皆の心に多くの花を育てるようです 第六章 前編 ~空~ ①

224 :アフタ ◆HBH2mpcmOk:2012/09/26(水) 21:00:23 ID:ZvhSz4UA

                                  *注意*
┌────────────────────────────────────────────────────┐
│・この作品は小手川ゆあ先生作「死刑囚042(オシニ)」を原作としたものです                            ....│
│                                                                          ......│
│・初めてのやる夫スレ投稿のためご覧になって様々な面でつたないところが多分に起こりうると思います(最重要)      ......│
│───────────────────────────────────────────────       .│
│                                                                          ......│
│・大まかなシナリオの改変はありませんが、この物語の構成には私個人の独自の解釈や演出、展開が発生しています     .│
│                                                                          ......│
│・制作の展開しだいによってはオリジナルエピソードを挿入する恐れもあります(結末は変更しません)               .│
│                                                                          ......│
│・原作が青年向け雑誌の連載されていたため、今作には一部暴力的表現や性的な描写(R-15程度)が含まれます       │
│                                                                          ......│
│・多くの既読派の方には申し訳ありませんが、ネタバレはご勘弁願います                               ...│
│                                                                          ......│
│・貴方のお気に入りのキャラクターがキャラ崩壊、敵役などで不当な扱いを受けてしまう可能性があります            ..│
│                                                                          ......│
│・話しがつまらないなど私への文句は問題ありませんが他の個人や団体に対する過激な発言はお控えください        .....│
│                                                                          ......│
│┌────────────────────────────────────────────────┐    │
││NEW  死刑問題という難しい話しを題材にした作品ですがスレの雰囲気が悪くなるので議論はおやめください  ......│    │
│└────────────────────────────────────────────────┘    │
│                                                                          ......│
│・より最適な演出やAAの貼り付け方法などのご指示や叱咤激励は歓迎いたします                           .│
│                                                                          ......│
│・以上の文をご覧になって問題ない始めてほしいという方はよければおつきあいください                      ....│
└────────────────────────────────────────────────────┘

やる夫は皆の心に多くの花を育てるようです 偽伝 第壱章 ~理解~

165 :アフタ ◆HBH2mpcmOk:2012/09/25(火) 21:03:03 ID:HxuFcIXo

                                  *注意*
┌────────────────────────────────────────────────────┐
│・この作品は小手川ゆあ先生作「死刑囚042(オシニ)」を原作としたものです                            ....│
│                                                                          ......│
│・初めてのやる夫スレ投稿のためご覧になって様々な面でつたないところが多分に起こりうると思います(最重要)      ......│
│───────────────────────────────────────────────       .│
│                                                                          ......│
│・大まかなシナリオの改変はありませんが、この物語の構成には私個人の独自の解釈や演出、展開が発生しています     .│
│                                                                          ......│
│・制作の展開しだいによってはオリジナルエピソードを挿入する恐れもあります(結末は変更しません)               .│
│                                                                          ......│
│・原作が青年向け雑誌の連載されていたため、今作には一部暴力的表現や性的な描写(R-15程度)が含まれます       │
│                                                                          ......│
│・多くの既読派の方には申し訳ありませんが、ネタバレはご勘弁願います                               ...│
│                                                                          ......│
│・貴方のお気に入りのキャラクターがキャラ崩壊、敵役などで不当な扱いを受けてしまう可能性があります            ..│
│                                                                          ......│
│・話しがつまらないなど私への文句は問題ありませんが他の個人や団体に対する過激な発言はお控えください        .....│
│                                                                          ......│
│┌────────────────────────────────────────────────┐    │
││NEW  死刑問題という難しい話しを題材にした作品ですがスレの雰囲気が悪くなるので議論はおやめください  ......│    │
│└────────────────────────────────────────────────┘    │
│                                                                          ......│
│・より最適な演出やAAの貼り付け方法などのご指示や叱咤激励は歓迎いたします                           .│
│                                                                          ......│
│・以上の文をご覧になって問題ない始めてほしいという方はよければおつきあいください                      ....│
└────────────────────────────────────────────────────┘

やる夫は皆の心に多くの花を育てるようです 第五章  ~光~ 後篇

59 :アフタ ◆HBH2mpcmOk:2012/09/23(日) 16:59:19 ID:92wobnyA

                                  *注意*
┌────────────────────────────────────────────────────┐
│・この作品は小手川ゆあ先生作「死刑囚042(オシニ)」を原作としたものです                            ....│
│                                                                          ......│
│・初めてのやる夫スレ投稿のためご覧になって様々な面でつたないところが多分に起こりうると思います(最重要)      ......│
│───────────────────────────────────────────────       .│
│                                                                          ......│
│・大まかなシナリオの改変はありませんが、この物語の構成には私個人の独自の解釈や演出、展開が発生しています     .│
│                                                                          ......│
│・制作の展開しだいによってはオリジナルエピソードを挿入する恐れもあります(結末は変更しません)               .│
│                                                                          ......│
│・原作が青年向け雑誌の連載されていたため、今作には一部暴力的表現や性的な描写(R-15程度)が含まれます       │
│                                                                          ......│
│・多くの既読派の方には申し訳ありませんが、ネタバレはご勘弁願います                               ...│
│                                                                          ......│
│・貴方のお気に入りのキャラクターがキャラ崩壊、敵役などで不当な扱いを受けてしまう可能性があります            ..│
│                                                                          ......│
│・話しがつまらないなど私への文句は問題ありませんが他の個人や団体に対する過激な発言はお控えください        .....│
│                                                                          ......│
│┌────────────────────────────────────────────────┐    │
││NEW  死刑問題という難しい話しを題材にした作品ですがスレの雰囲気が悪くなるので議論はおやめください  ......│    │
│└────────────────────────────────────────────────┘    │
│                                                                          ......│
│・より最適な演出やAAの貼り付け方法などのご指示や叱咤激励は歓迎いたします                           .│
│                                                                          ......│
│・以上の文をご覧になって問題ない始めてほしいという方はよければおつきあいください                      ....│
└────────────────────────────────────────────────────┘

やる夫は皆の心に多くの花を育てるようです 第五章  ~光~ 前篇

226 :アフタ ◆HBH2mpcmOk:2012/09/16(日) 10:59:08 ID:Uk7GhtPw

                                  *注意*
┌─────────────────────────────────────────────────────┐
│・この作品は小手川ゆあ先生作「死刑囚042(オシニ)」を原作としたものです                          ......    │
│                                                                           .    │
│・初めてのやる夫スレ投稿のためご覧になって様々な面でつたないところが多分に起こりうると思います(最重要)       .    │
│───────────────────────────────────────────────     ...    │
│                                                                           .    │
│・大まかなシナリオの改変はありませんが、この物語の構成には私個人の独自の解釈や演出、展開が発生しています   .    │
│                                                                           .    │
│・制作の展開しだいによってはオリジナルエピソードを挿入する恐れもあります(結末は変更しません)             .    │
│                                                                           .    │
│・原作が青年向け雑誌の連載されていたため、今作には一部暴力的表現や性的な描写(R-15程度)が含まれます         │
│                                                                           .    │
│・多くの既読派の方には申し訳ありませんが、ネタバレはご勘弁願います                             .....    │
│                                                                           .    │
│・貴方のお気に入りのキャラクターがキャラ崩壊、敵役などで不当な扱いを受けてしまう可能性があります          ....    │
│                                                                           .    │
│・話しがつまらないなど私への文句は問題ありませんが他の個人や団体に対する過激な発言はお控えください          ...│
│                                                                           .    │
│・より最適な演出やAAの貼り付け方法などのご指示や叱咤激励は歓迎いたします                         .    │
│                                                                           .    │
│・以上の文をご覧になって問題ない始めてほしいという方はよければおつきあいください                    ......    │
│                                                                            ....│
│・死刑問題という難しい話しを題材にした作品ですがスレの雰囲気が悪くなるので議論はおやめください               │
└─────────────────────────────────────────────────────┘

やる夫は皆の心に多くの花を育てるようです 偽伝 第零章 ~切欠~

176 :アフタ ◆HBH2mpcmOk:2012/09/15(土) 01:10:16 ID:ls6uneZg

        ,ィ===x     .-――…  ー- .
      /      `>.:.:¨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.> 、     突然だがアフタ スレッド主代行の黒神めだかだ
.     /      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ト、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:へ
            /,イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| ヽ.:.:.!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ   本来はあとがきで私が登場予定だったがあとがきを
           ///.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.! /ハイ、.:.!.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
         // /.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、.:./ !.:.:.:.:.:ル' /  iノ ∨.:.:.:.:.:!.:.:.:.l  あやつが女子バレーを見ながら適当に作ったせいで
          i/  /.:.:./.:.:.:.:.:.:l.:/メ、 !ハ.:.:.i ム二ニ、ノ.:/.:.:. l.:.:.:.i
          {  /イ.:/i.:.:.:.:.:.:.iイ,二ニ !.:リ   弋ソ ム/.:.:.:.._i.:.:.:.l   , ⌒ヽ  「なかったことにされた」私だ
         / !/ ム.:.:.:.:.:.杙 弋ソレ'      /.:.:.:.:./ 斤.:.! /   }
              !/.:.マ.:.ハ:∧     '      ムイ.:.:.:/ノ.:.:.:.:.! /   ノ
.            ∠.:.,イ.:.マi.:.:.:∧    __,    /.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:i/   /
          /.:.:.:.:.:.::\!.:.:.ゝ        /.:.:.:/i.:.:.:.:.:.:.:/   /
           ,イ/.:.:./:∧.:∧.:.:.:.:.:>    イ/!.:/-‐=7ーr/   /
            /.:/ムイ V  ゝ.:.:.:r―-=|__//:/ /イ> ´   メヽ、
            ,'.:/      r――/ へ 「 ,イ  !ソ //.:/   ーy  \i
            i/       __/ 〈7/ 《>ロ<》io,イニイ/ ヽ_V    i  Yヽ、
           {      /.:.:i>‐< У   __ヽ {  ー、.:/ハ   !  i ∨:i
              _/.:/    / , ィチ r――vト、   )ト、_ノ__ノ ノ.:.:.\
           /.:.:.:.∧   / /     i.:.:.:.:.:.:.:.ハ ーァ'==ニ斗ァ丁.:.:.:.:.:.:.:.i
           r'.:.:.:.:/ i\ //.:.i    l.:.:.:.:.:.:.:.:.:爪ゝ------イ/ ゝ.:.:.:.:.:.:.:.\
       ,<.:.:.:.:.:.:{  l.:.:.i i.:.:.:.:.:|     !.:.:.:.:.:.:.メ i 乂三三三ノ.!   i.:.:.:.:.:.:.:.:.}
   ,. <.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.人 V.:「人.:.:.: l     |.:.:,.:.:彳.:.:.lイ////////i i    ̄i.:.:.:.:.:ヽ
.  f.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:., へ 〉.:.:.:v‐v∧==<.:.:.:.:.:.:.:.: ∧////////! !     L.:.:.:.:.:リ
   |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   7千.:「i.:.:.:.:.:.i l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ∨//////,| |     /.:.:.:く
   |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ヽ〉     !.:.:.:.i l.:.:.:.:.:.l l.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   ∨///// ! !       ゝ .:.:.:.}
   | ̄ ̄ヽ.:.:.i K:i     /.:.:.:.l l.:.:.:.:.:.l l.:.:.:.:.:.:.:.:./    ∨/// | |      ノ.:.:.ハ
   「 ̄ヽ i.:..l l.:.:!   /.:.:.:.:.l l.:.:.:.:.:.l l.:.:.:.:.:.:.:./       ∨/   ! !     (.:.:.:.:.:ノ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。