スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やる夫は皆の心に多くの花を育てるようです 第二部の章とキャラ解説

286 :アフタ ◆HBH2mpcmOk:2012/10/02(火) 22:01:32 ID:D2lcZBR2

          _;;...:         宣言通り 第二部の章とキャラ解説
          ‘j_ i;.:
         ; '´r'ー'         その他説明をさせていただきます
        ヽ、,_`ヽ、
         ;ー'-一゙ー;、 ,     では早速章解説から
        ィ'´     ,Yノi、
       ,/     、  /,.-‐-.、
      yt ;ー   `}ソi'::::。::::::i
      ir'´   ,_,ノ゙;-ゞ:::::。:ノ
     /  ソ'"~::;;;:::;::::::::`'ー;、
     j’ ィ゙;;::::::;t-、__;;;;;;;::::::::`ヽ、
  ji;_、ィ' _;'´|;;:::::::;:I   ~'ヽ、_::::::::::`'、,
 ゙ェ'_ _,;ヽ'  i,::::::::::|     `';;;:::::::_j
   '~   ;-、j’;;:::::::l       `'ーi´ `';、
     /~.,i、:::::::::::::}         `ヽ,.ヽ、
    { !{ `ヽ-ー'           j~ !ソ
     `―’               ̄ ~

287 :アフタ ◆HBH2mpcmOk:2012/10/02(火) 22:02:07 ID:D2lcZBR2

        第四章 前編 ~絆~中編 ~罪~ 後編 ~愛~

┌───────────────────────────────────────┐
│負った罪に対する糾弾 それに対する死刑囚と研究員たちの思い                  │
│                                                         .│
│見えない悪意との対峙 そして遺族から加害者に対する「願い」                 ......│
│                                                         .│
│をコンセプトに書いた章でした 中編でのギャグ回の演出 後編での犯人の独白の追加   ....│
│                                                         .│
│に対しての反応が恐怖でしたが おおむね好評いただいてほっとしております           .│
│                                                         .│
│後半舞台の廃ビルの「らしさ」がうまく出せなかったのが心残りです                 .│
│                                                         .│
│あと椎名い夫を暴走させすぎました(笑)                                ..│
│                                                         .│
│余談ですが山口爺さん(ジョセフ)が田嶋に対して 後編で述べていた              ....│
│                                                         .│
│タイトルにもある「皆の心に~」の発言は実は原作にはないセリフです                │
│(田嶋(やる夫)が生涯通して成した行動に対してのアフタの評価です)              ..│
└───────────────────────────────────────┘

288 :アフタ ◆HBH2mpcmOk:2012/10/02(火) 22:03:55 ID:D2lcZBR2

┌─────────────────────────────────────────┐
│※このレスでは私個人のきつめの主義思想が含まれた長文で続きます 苦手な方はスルーで  ....│
└─────────────────────────────────────────┘

以前言った通り犯人(のび太)の独白ですが 元ネタがあります

それは私の中のいい友人のキャラや発言です (以下 友人をAと表記します)

Aはとても外交的で愉快な友人なのですが、よく言えば強い正義感を持っている

悪く言えば少々独善的な性格をしております

プライバシー保護のため詳細は避けますが、Aはネット上での過激な発言

某事件においてとある人物に電凸(しかもその相手は事件に無関係の人間だった)を行ってきました

悪事や醜聞に対して義憤を覚えたり、抗議したくなる気持ちはわかりますし、実際行動に移せるその

胆力には私自身尊敬を覚えるところがあります

しかしたとえその事件の真偽がどうあれ特定の個人・団体を第三者が徒に罵倒したり

つるし上げるのは間違っていると私は考えます

しかもAの行動はソース不明の情報に踊らされて無関係の人間や団体に対しての

悪意のある発言したことが少なからずありました(これに関してAはあまり反省したことがない)

犯罪行為やスキャンダラスな出来事に興味や怒りを抱くのは間違いではありません

しかしながら無関係の人間がよってたかって特定の個人をつるし上げたり

ましてや無関係の人間に被害を与えるのは言語道断の行いだと思います
          .リンチ
(少なくとも私は「私刑」反対論者です)
そんな友人Aの批判として追加で犯人のセリフを挿入させていただきました

289 :アフタ ◆HBH2mpcmOk:2012/10/02(火) 22:04:58 ID:D2lcZBR2

                         第五章 光

┌─────────────────────────────────────┐
│田嶋と水銀燈(あやの)との淡い恋模様 椎名(やらない夫)と複雑な           ......│
│                                                     ...│
│思想をテーマに演出しました                                   ......│
│                                                     ...│
│私の友人は原作のこの回で椎名とあやのさんが嫌いになったということで        ......│
│(曰く 二人とも自分勝手すぎるとのこと)                            .....│
│あまり嫌味な感じにならないように彼ら描写に注意した回でした               ...│
│                                                     ...│
│彼らの内面のフォローをきっかけとして作ったのが実は偽伝(オリジナルエピソード)   ..│
│                                                     ...│
│でした                                                 ....│
└─────────────────────────────────────┘

290 :アフタ ◆HBH2mpcmOk:2012/10/02(火) 22:05:45 ID:D2lcZBR2

                    第六章 前編 ~空~ 後編 ~望~

┌──────────────────────────────────────┐
│田嶋(やる夫)と研究員たちとのほのぼのとした日常 幼稚で悪意に満ちた          .│
│                                                       .│
│脅迫犯との対峙 何より「頑張る」ということに重きを置いた回でした              ..│
│                                                       .│
│最初作成したときは第一章並みのボリュームでしたがあれよあれよと             ..│
│                                                       .│
│いろいろな描写をしていくうちに当初の三倍の量になってしまいました(笑)           .│
│                                                       .│
│どんな描写をねつ造・・・追加したかぜひ原作で確認してみてください              .│
│                                                       .│
│それと今回は前回ラストの反省を含めて合成AAを3つ作成しました              ...│
│                                                       .│
│具体的には 浴衣ナナリーとブルマ ナナリー・テッサを                       │
│                                                       .│
│ずれを気にする人がいなかったので少しほっとしています                     .│
│                                                       .│
│正直テッサに関しては物語の展開上作る必要が全くなかったのですが             │
│                                                       .│
│徹夜明けで目覚めたとある日に私のゴーストが                          ...│
│                                                       .│
│「ブルマテッサ書いたら男性読者の受けええんとちゃう?」囁いたため(笑)         ......│
│                                                       .│
│急遽挿入したという裏話があります(しかもこのAA一番クオリティ高いという結果にw)    .│
└──────────────────────────────────────┘

291 :アフタ ◆HBH2mpcmOk:2012/10/02(火) 22:06:29 ID:D2lcZBR2

                  偽伝 第零章  ~切欠~ 壱章 ~理解~

┌──────────────────────────────────┐
│先に述べましたよう友人の発言を受けて作ったのがこの偽伝です          │
│                                                  │
│ですから零章においての椎名の主張やこの実験の形成までの成り立ちは    ....│
│                                                  │
│基本的にアフタの独自設定です 彼の思想に関しては五章前半ラストの       .│
│                                                  │
│彼の発言を受けて 実験の成り立ちに関しましては                 ......│
│                                                  │
│もし現代日本で死刑廃止実験をやるとしたら                     ......│
│                                                  │
│恐らく外圧と税金使って犯罪者に3食付けて健康的にさせているなどの       .│
│                                                  │
│刑務所批判しかないだろうというアフタの解釈によりああいう描写となりました  ....│
│                                                  │
│壱章に関しては第二章と第三章の間を埋めるような形で作成しました        .│
│                                                  │
│もしかしたら彼女が当初田嶋をさけていたのが世間体だけではなく        .....│
│                                                  │
│短期間で彼にナナリー(ゆめ)が懐いたことによる嫉妬心があった           │
│                                                  │
│のではないかという妄想から作りました                           │
└──────────────────────────────────┘

292 :アフタ ◆HBH2mpcmOk:2012/10/02(火) 22:07:04 ID:D2lcZBR2

         ∩  ,  -─-  、
         || ./::::::::::::::::::::::::\
         || /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`、   続きましてキャラ紹介です と言っても今回は3人だけです
        /〔|::::::::::::::::◯::::::::○:::::l
.     〔ノ^ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!   六章最後に名前付きで登場した「彼女」に関してはまだ秘密です
.     ノ ノ^,-::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     /´ ´ ' , ^ヽ::::::::::::::::::::::/    彼女は三部にて解説します いったい何者なんでしょうねー(棒)
     /     ノ'"\- -‐ イ -、.
   人    ノ \/._____ ノ.| ヽ i
   /  \_/ .|  \/゙(__)\,| i |
  /    ノ  .>   ヽ. ハ  |   ||

293 :アフタ ◆HBH2mpcmOk:2012/10/02(火) 22:21:49 ID:D2lcZBR2

         }   ____     `ヽ
         />///////////ミ <_j
  r-=彡>‐く///>―――=―――-=ミ_____
  / ー/ r‐―=三=―――=v―.――――― ' ´
. j>=ミ////〃 ! ,イ伝イ  ミリ  ム、`ヽ}
.,イ> ´ .|' ̄ ̄ヽ ゞ<   ` rくヾ \ソ/\____  _     /ヽ
:|  `ヽノ     ノ :| ー -、 ヾミ{>゙,.イ ' /  `ヽ  `>ー`ヽー-{ ト、
ム    \    ゞ-、' ,:ミ>チ ムミ`| ./    /      ´     ミ、 `ヽ Y_
:.ヘ     }、     ーt´, ;ハ\/./    |   j '´        }j   〉 ム_)
 ∧     ム      }i l | !,イ__/_     !/, /            )ヾ 人
   }}_ .イ/,∧      ト< /  \:.`ヽ }イ,     rー-===_/  /  >、r 、
.  ハ / ////∧    /: / : :> 、 /. : : `    ゝ       } ノ /´. : :彡゙ノ 7
   ∨/////,∧  | 、: : : : : : : :}彡: :      >'、彡   〃 /  ̄ノ´ フ ,イ`ヽ
.    },/////>∨  }  ハ : : :ノ {ノイ         ノー -  ,′.'  > 7 ./\} }
    ! > ´    '.く \ :!`    ノ   __ _   `ヽ\_ / ,斗<: :ヾ,:/ ./ `::| ト 、
     |´  ゝ   ヾミ:、::::|   \   ー -     . : :ゝ--{ {´: : : : ::: ,′,イ  丿.ノ ̄
     '.  :,     ゙ .ハ.|    ヽ´      ,. : : : : : : : :j 〉. \: : : //゙  / ,イ∨
     '.  ::,      \ム ::......... '   -=彡:::::::::::: : :´ :/ ̄ゝ-≧{ {  / / /'.
      :, ::::,       .:ヽ:::::::::::::....    .: : : : : : : : :,彡゙    /ハミiト /彡_ /  ∨
      \       : : :ハ≧=-  _z-====´,イ{    ,イ/.: //. <: :_: .    }、 _
.        \ヽ    ; : :ノ}: : : : : : :´ '´     ノ/,'   /,:'.::〃 /〃   }!   ハ.\ノ
          \  ,.イ ̄ ノ: : : ´      `ヽ    ,  .': : ::,イ  ム/  _.:リ > ´ ノ}: |
           `´ > ´: : : . . . .      _ノ . : :´ : : : : / / /´ }  > ´彡<イ / ,イ>
            / ////><  ̄  -=- =- . : : : : :/  } { > ´> ´  / / /,イ
           ,f=ミ///    ><    ハ : : : : : :{  ゞヘ` r<////≧く/ /く_
          /     > ミ彡/////><.ノ . : : : : ::|     ヽ!//////>.'彡厶ミ:、`{
         ,イ_ ノ       ` </ノ ノ///>< : : ::}    / |//> ´ Y⌒∨////ム
.        /    八>ー== -    ̄` <///// j`:く    ) ム彡 , .<へ .く/ ̄.ア
       /   > ´ ̄     ̄- =- :.   ` <}.ノ///}   7ノハ´ ノ/  ,ヘ .} /

      [ジョセフ・ジョースター(ジョジョの奇妙な冒険)] (山口)

愛する孫と「バカ息子」がいる誠実で愛すべき翁を考えていたら自然と彼に決まりました

孫に関しては原作のままだと違和感があったので死刑囚つながりでアンジェロとなりましたが

被害者遺族でありながら 死刑囚の人柄を通じてただただ

安易な死刑ではなく 多くの人間と関わり愛し愛されることを

望んだ 普通の人間では考えられない「黄金の精神」を持ちながら逝った

彼の主義思想をアフタは多く取り込んでいます

具体的には原作ではあまりなかった「家族愛」の要素を私のスレでは

押し出しています その意図に気づいてくださる視聴者様も少なからず

いてくださり ほっとしております

294 :アフタ ◆HBH2mpcmOk:2012/10/02(火) 22:39:55 ID:D2lcZBR2

                                               / /\   ,  -――- 、_ _
        ,、八ハ)ハ} ,ノ⌒),ハハ、)::::::(,ハ、_,ハ__)。' ):.               〃/    > '´           `丶、 , -―ヘ
       <,)- o'´,ハノ´::::::::::::::|::::::::::|::::::::::::(人)、 ( ハ)ゝ、             {{   /                   \     |
        (ノ、人ハ}:::::::::::i:::::::|::::::::::|::::::::::i:::::::|(八,ハ_,ノ(::::::.        , -――乂_ y' _,                  ヽ _, |
          {ハ_,ノ::::::::::::|::::l:::::::|::::::::::|::::::::::l:::::::|:|:::::ヽハ ヽi::i        \      / ̄: : : : /                 }>'"´ ̄ ̄`丶、
          |i:'〈:::::::::::::::|:::ハ:::::::、:::::::::v=::=::-:::|::::::::::::ヘ、八}         ヽ     | /: /: :/: /: ./        ヽ     { ヽ          〉
          ||:::::::::::::|::::;lx≠、:::::ハ:::::::ハ::::::ハ::::ハ|:::::::::::::}::::\           ゚.   l /: /: :/: /: :/: .    . :|     !   ',  ‘.      _/
          |ヘ:::::::::::∨:Ⅳ,x      '"⌒_  |:::::::::i:ハ::::::::\__        ∧   /: /: :/: : |: /:l: : .  . : :|: :| : : |:.:l: : :|: : : |      /
          }ハ::::::::::::V  __     '"^⌒` |:::::::::リ、:::::\:;フ⌒      /{: :\ /: :,': :/: :/」/l: |: : : . : : /:_ム、:|:.:|: : :|: : : |    /
          厶::::::::ム〃⌒^         :::::: |::::://ノ厂 ̄`        |: :‘,: : :|: ::|:.∧:/ | V',: : : . : :/l:/  !: メ: |: : :|: : :∧_,/: :}-、
         /, ヘ:::::ヽ .::::    ′      レ',r<:i           ∧: :.‘、: ::!: ::!:ハ  _  \ : : / /  j∧: :!: : :!へ': : : : : : : /: :∧
        /    ゝ_、::\              /:::::ハ:|           {: :ヾ\ヽ:!: ::!.ハ〃 ̄ ヽ  ヽ/ , -==、 )'1:.: :|) ): /: :/ : /: :/: 」
              }ハく    く::::::::ノ   . ::::i:::{ ハ           ヽ-‐'^'ー|: ::|ヘ.}              /|: : :|/_/_:ノ : /: ノ:ノ:ノ
                 ハ:::.、        ィ:::::::ハ}                  ∨:! 八    、'___ ,       /_j: : :;    ` ̄`⌒`~´
                }ハ}>: r‐  ´  |`'ハ{                    V!   丶、  {/´ ノ    /´ |: :/
                  /:::::{ノ     V:::::`::.、_           /^\ヘ '|     > 、 ー'  . イ/ハ !:/
              , 一::':::::::::::::._   _/:::::::::::::::::::::::> 、      _/ ー┴-イノ        /`T"´_/   〉/、__
                /\\::::::::::::::::.v:――:v::::::::::::::::::::://:::::ヽ    /   ー―┴、      r ァ/ /^ヘ}     〃三三三三> 、
            ∧::::::\\::::::::::::'、:::::::::/::::::::::::::::://::::::/::::    |    ー―イ _., = ニ彡/ イ:.:.:.:.}    /     /    ヽ

[初春飾利.(とある魔術の禁書目録)] (あき)             [星空みゆき.(スマイルプリキュア)] (片瀬)

一言でいうと彼女らはナナリー(ゆめ)の親友+学園の日常キャラの役割です

早めに登場させてもよかったのですが なるべくナナリーには友達が多いという描写を設けたかったので

あえて固定の友人キャラである二人の登場は遅らせました
(と言ってもみゆき(片やん)の登場は原作よりも圧倒的に早いですが)

初春に関してはあまり考えず お花つながりと 「あき」ちゃんつながりで(中の人的な意味で)

みゆきに関してましては明るくコミカルなキャラつながりで採用しました

それとなぜみゆきの名字は原作の「星空」ではなく 「大倉」なのかというと

最終章でのちょっとしたお遊びの伏線のためです

295 :アフタ ◆HBH2mpcmOk:2012/10/02(火) 22:46:25 ID:D2lcZBR2
           ,. -─-  、
          /:::::::::::::::::::::::::\
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`、   それと3部の投下時期ですが残念ながら未定です
.        l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
.        l::::::::::O:::::::::::::::::::::::::::!   投下当初のストックは5章の途中まであったのですが
.         、o:::::::::::::::::::::::::::::::::/
            \::::::::::::::::::::::::::/    現在リアルの忙しさから あまり書き溜めが進んでません
             ` ー-   -‐´ ,. イL
                  ,.イ ,.イ.:::::.> ‐- 、、
                /´ イソ/.:/.:.:.::::::::::::`,  アイデアはいくらでも浮かぶが 書く暇がないという状況です
               〃介7.:::!.:.:.:::::::/.::::::::::::::i
             〃,fシ//.:::!.:.:::::::/.:::::::::::::::::|
             ,.イ/ ,fシ//:イ.:.::::::::!.::::::::::::::::::::!
            ,'.:.::l.,fシ//.::/.::::::::::::ト、.::::::::::::::::l
            i.::::::!シ//.::/.::::::::::::::ト.:ヽ.:::::::::::::〉
            l.::::::!//.:. /.:.::::::::::::::.',.::::::::::::::::〈
            l.:::::l/.:.:.:::::::::::::::::::::::.',.::::::::::::::::.',
            |.::::l..:.:::::::::::::::::::::::::::::',.::::::::::::::::.',
            |.:::::::::::::::::::::::::::::::.:.: ハ.::::::::::::::::.',
            |.::::::::::::::::::::::::::::::.:.:. ノ ',.:::::::::::::::.',
            |.::::::::::::::::::::::::::::.:.:. 〈  ',.:::::::::::::::.',
            |.:.::::::::::::::::::::::::::::.:.:. L ノ.::::::::::::/



              , -─-  、
              /::::::::::::::::::::::::\
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`、   ですからこの時期に絶対投下するという
  .          l::::::::::::::::::::::◯::::::::::::::l
  .          l:::::::::::::::::::::::::::::::::::O::l    安易な約束はいうことはできません
  .           、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                \::::::::::::::::::::::::::/     むろんエターするつもりも一切ございませんが
                __` ー-   -‐´
         '´::::::::::::::: ト、ヽ.___         皆様も気長にお待ちください
       ,. '´--、:::::::ヽ:::メ'´`iT〈シ
       /::::::::::::::ヽ:::::::ヽ::ヽノ、 ヾ
      ハ、:::_::::::゙';::::::::ヽ::::ヾ! i ',
     ,/:::::_::::,-::::::',::::::::::l__;vヘl ',
    /::::::::::::::::::::::::::::}::::::::::`ヽ、:ヽ ',
   /、:::::ニニ二二フ::::::::::::::::::::ヽ::', l
.  /::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::ヽlj.
 /:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ll

296 :小さな名無しさん@この板は300レスまで:2012/10/02(火) 22:48:13 ID:t/v/E48o
大丈夫です。2年待てます。

297 :アフタ ◆HBH2mpcmOk:2012/10/02(火) 23:01:42 ID:D2lcZBR2

      ,.-‐-.、
      i':o:::::o::i   出来れば このスレの埋め立てをお願いいたします それと
   ,-,っゝ::::::::ノ
  ./,{ヌじ,ヽ只>、   このスレやまとめサイト様のほうで乙コメントやアイデア 叱咤激励
 〈__>i \V7l |
    〉   o | ,!   をいただけると幸いです(原作既読の方はこんなIFが見たかった 未読の人は
    / __ハ__ゝ_〉、                 このキャラをもっと出してほしい 面白かったなど)
   /'´ /ヽ \トノ
  ./  /  \ .〉 それが本編や偽伝投下の糧となりますゆえ
  .|  |   / /
   |  |  〈__,/
   .|_|  t__)
  (_)'



       ,.-‐-.、-、
       i':o:::::o::i_.>、      最後になりましたが多くの人に感謝を
      ゝ::::::::ノ\ \
     fく|只/7'  ̄__ノ  投下場所を提供いただいた「小さなやる夫板」管理人様
     ||くV//´
     |.! o  {      多くの人の読者様に私の作品を広めていただいた
     lノハ  ヽ     「やる夫さんまとめ」管理人様
     t,Y.|\/
      | |  |      原作や私の作品を読んでいろいろなアイデアをくれた友人一同
      | |  |
      | |  |      約数か月にわたって私の作品に触れていただいた読者様一同
      |_|_|
      (__t___)      本当にありがとうございました        〔こちらこそ、ありがとうございました。>(^ω^ )

298 :アフタ ◆HBH2mpcmOk:2012/10/02(火) 23:02:43 ID:D2lcZBR2

      ,.-‐-.、
       i':::::::::::::i  それではみなさん いい夢を
      ゝ::::::::ノ
     fi ´ー',へ
     |.|   .\ \
     | }   |/ /
     l.|  , `t_〉'
     t|__∧_j
     .`l |  |
      l |  |
      l |  |
      |__|_|
      t_t__)

299 :小さな名無しさん@この板は300レスまで:2012/10/02(火) 23:08:32 ID:t/v/E48o
次の部が楽しみです。お待ちしております。

300 :小さな名無しさん@この板は300レスまで:2012/10/02(火) 23:29:32 ID:mqowFvjo
なんだかもう二度と会えないような台詞だなw
関連記事

[ 820 ]

作者には悪いが、Aとかいう友人はゴミだわ
怒りや義憤を覚たからってよく調べもせず電凸するって時点で正義どころか独善でもない
ただの「うっぷんばらし」だろ

本当に正しい事を行いたいんなら必死に勉強して法律関係の仕事に就くとか
電凸するにしても裁判なんかを傍聴にいって相手の言い分聞き、その上で
(正確な)電話番号を調べ上げて被告人限定で電凸するとか
そういう手法ならまだいいと思うが。

このAとかいう友人はそういう努力も調査もせず安っぽい真偽不明の情報にしがみついて
「俺が正義なんだ!」っていう身勝手な思い込みで突撃するんだろ?
で、間違えたとしてもそれを認めない・反省しない、って…
こんなもん仮面ライダーごっこと称して怪人役のいじめられっこを虐めてるクソガキと変わらんわ
[ 2012/10/07 10:22 ] [ 編集 ]

[ 831 ]

作者のアフタさんには好感が持てるけど、確かに友人Aとやらはアレだなw
なんつーか典型的な「俺情強(ドヤァ」タイプなんだろうね。
自分はそれだけで絶対仲良く出来ないタイプの人だからアフタさんの心の広さを尊敬する。
多分書いてないだけで、いいところはたくさんあるんだろうから友達付き合い出来てるんだろうけど…。

それは兎も角として、第二部乙でした。
次の部も楽しみにしてます。
ゆっくりでいいですのでお待ちしております。
リアルの忙しさが早く解消されますように。
[ 2012/10/07 17:58 ] [ 編集 ]

[ 839 ]

椎名い夫・・椎名やらない夫・・やら椎名い夫・・ヤラしいない夫!!
[ 2012/10/08 13:59 ] [ 編集 ]

[ 854 ]

乙!
やる夫とその周りにいる人達の関係にほっこりするわ。
椎名い夫の、研究という名のやる夫いじりが好きw
[ 2012/10/10 21:51 ] [ 編集 ]

[ 1625 ]更新

新しい話が更新されてましたよ?
[ 2012/12/15 20:13 ] [ 編集 ]

[ 1628 ]Re: 更新

> 新しい話が更新されてましたよ?

わざわざありがとうございます。
後日まとめさせていただきますね。>(^ω^ )
[ 2012/12/15 22:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://yaruosanmatome.blog.fc2.com/tb.php/1223-490cdef0


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。