スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やる夫とピエロと魔法使い EPISODE 13 予告

254 : ◆IrgLdLtqRk:2013/03/15(金) 22:49:06 ID:K1a7I0fg





                        やる夫とピエロと魔法使い


                            次回予告




.

255 : ◆IrgLdLtqRk:2013/03/15(金) 22:49:35 ID:K1a7I0fg



       ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
       ┃                                 .                ┃
       ┃ これは、臆病者の王子様が別世界から来たお姫様との恋に落ちる物語。  ┃
       ┃                                    .             ┃
       ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



::::::::::::::::::| |:::::::;:`'ー-....,,,,___iヽ、
::::::::::::::::::| |::::::;、:::;::::;::::::;::::::::::::ハ
::::::::::::::::::| |:::/!,.ゝ!、ハ::::ハ::;i:::,::::ト,
::::::::::::::::::| |;:イ〈 {,_r/ レ' レ_.!,ハイ:::!
::::::::::::::::::| |::|""     〈ン'〉!/|:ハ
::::::::::::::::::| |::ハ .u   _ ` "!:::::|:|
::::::::::::::::::| |::ヽ!ヽ、._  _,,..イイ:::ハ| 
::::::::::::::::::| |Y7´! ,.イ⌒ヽレi::レ'  っ
::::::::::::::::::L,.!、! !_/      〉
:::::::::::::::::と_ ヽ.,ムゝ-=、_ン
::::::::::::::::::k,_   i /^'^'7!
::::::::::::::::::| i\ `ヽ /!
::::::::::::::::::| | _ヽ、_ノ 〉
::::::::::::::::::| |ヽ、  /::::\


                ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                ┃                              ┃
                ┃    全てはここから始まりました。     ┃
                ┃                              ┃
                ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


                           :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.l|
                           ::::::::::::::::,─‐、:::::::::::::::::::::/ ̄ ̄ヽ:::::::::::::::::|__
                           :::::::::::::/   \:::::::::::::::/     .|:::::::::::::::::::/
                           ::::::::::::l       \:::::::/    .|  .|::::::::::::::/__
                           ::::::::::::|         ',:::/    .し./.::::::::::::::::::::/
                           ::::::::::::|         .∨    .__<::/⌒i::::::::/
                           ::::::::::::',、 _,,__       /__|.|..|=l |:::/_ィ
                           :::::::::::::゙'li||__ \   //. | l┌ .|:::::::::/
                           ::::::::::!⌒l',  ',  \ヽ 〃 。 / ||_ノ::::/
                           ::::::::::|r‐ ゙',  ヽ ゚ /  `ー─´  /::::::::/
                           \::::ヽlr':ヽ    ̄´ 〈      /`イ ̄
                             ` ̄ ̄>::ヽ u.  r―ョ   / / ヽ_ 
                               -=ニ二ゝ.._  ` ̄´  /. /////\______ 
                                       ''-、__///////////ニニニニ7//ヽ


.

256 : ◆IrgLdLtqRk:2013/03/15(金) 22:50:38 ID:K1a7I0fg



        ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
        ┃                                              ┃
        ┃    怖い物から目を背け続ける王子様に、お姫様は言いました。 .  ┃
        ┃                                              ┃
        ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


                      _,. -‐ " ̄}\
                     -「ト_____i|_ム
                   ´:: ::{{______}j_ト
                  / :: :: :/:: :: :: :: :: :: :: :: 、:: ::` 、
                :: :: :: /:: :: :: :: :: :: :: :}:: :: :ヽ:: :: ::\
              / :: :: :〃:: ::/:: / :: :: :: :/:: :: :: ‘,:: :: :: ::ヽ
               / :: :: :∥:: ::/:: / :: :: :: :/:: :: :: :: ::}:: ::|:: :: :.
             ':: :: :: ::j!:: ::/:: /:: :/:: ::イ:: :: :: :: ::/} :: :!:: :: ハ
        .      ,!:: :: :: ::!:: :: !斗-‐j‐-/ } :: :: :/:/!::| :: :}:: :: !::!
            /|:: :: :: ::|:: :: |,ィ孑芹ミ  |:: :: /斗|-}、:: i:: :: }::|
        .   / :|:: :: :: ::|:: :: 《 r'::::ノ}   j:/j/  j/| ::/:: ::/:|
          ,ノ'´ |:: i:: :: :|:: :: :| 戈:ツ        _ /:イ:: ::/::/::
             八:|:: :: :!:: :: |         ,  "⌒厶::! :/::/}:|
        .    / :: :|:: :: :|:: :: |、   、        人:: j/:: ハ,:::ノ
            {ハ:: ト:: :人:: ::| >    ´  イ:: ::}:: :: /}::}"
             ヽj八{从ヽ::「\ ≧r <::} :: !:: ::i:: ::/ ,'/
              ,.-‐ " ̄ "ヽ!  \_,」ハ<j/j;/j/ノ'
        .     /  \    \  厶ト、〉 ` ‐-、
            {    \    V::::::}:}:::\   }\
            |     ヽ   /:::::::介、:::::〉 ヽ,!  \
        .   _」_____r 、 〈::::::/:::| \>   \   ヽ
        .   | 〃⌒ヽ Eヨ \\V/::::/   \   ` 、 〉
        .   | 弋_ノNitori }、 V⌒      ヽ     ヽ
        .   └┬───r'´/  ‘、           ’,     }
        .     |       V /   ヽ          }   人
              `ー‐-、/ V_rァ  ‘,         ,’  イ__ヽ
                 \/⌒ヽ   ``  ‐-  /'"  ̄    ヽ、
                  \   > ,. -‐ '"´      , -‐、 ',
                      }\         , . : <      }
        .             /   \     ,. <}> ,..        ノ
                   `T::::::::::>-<三三三三≧=-‐ "
                      /´ ̄ ̄ ̄ ̄´   {    \


     ┏━                                                 ━┓
   ┏┛| ̄                                                    ̄|┗┓
   ┃| ̄      「貴方はとても優しい人です。私はその優しさに救われました。」        ̄|┃
   ┃|                                                           |┃
   ┃|_「勇気を出して下さい。他の誰が否定をしても、私だけは貴方の味方でい続けます。」._|┃
   ┗┓|_                                                   _|┏┛
     ┗━                                                 ━┛


.

257 : ◆IrgLdLtqRk:2013/03/15(金) 22:51:53 ID:K1a7I0fg



          ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
          ┃                                              ┃
          ┃        お姫様の言葉に勇気を貰った王子様は言いました。       ┃
          ┃                                              ┃
          ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



                   ' , \、 、|       ヽ   l / /    ヽ,   / /  /
                  ``ヽ  ヽヽ! ,      ヽ  i/  '     !/ /  /
                  、 ヽ\ ` l_/ /`ヽ、   ヽ/ / ,. ' ´ヽ l ,'/'´   /__
                  、 ヽ、 ,へ、/ ,ヘ``ヽ、ヽ. ` / /,. -‐,´ _!,-、 / /'´/
                 ヽ\`` l l^ヽ,',  ',  oヽ`、} レ/o   ,'  〉"^l//'´/
                   \、 l l r' ',  ー―‐",`ー´`ー―‐'  //_',/_,. -;ァ
                    ,.ゝ-\ー、 ','"""""  ノ_ ゛゛゛゛` /'_j /  /
                    ``,ゝ-ゝ、_'   ヾ===ヲ   /-/_/
                     ´ ̄``ー,ヘ    `====''    /=''"´
                          ,'、 `ヽ、,:' -‐-   ,/'``>、
                         ノ`::ー-、_\__,/_,. ::'´:::::冫二ニ77ー-
                  ,...-、‐ニ二{{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ニニニ〃::::::::
                  :::::::::ヽニ二ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/二二ニ〃:::::::::::



          ┏━                                          ━┓
        ┏┛| ̄                                             ̄|┗┓
        ┃| ̄                                                 ̄|┃
        ┃|      「貴女を愛しています。いつまでも僕と一緒に居て下さい。」         |┃
        ┃|_                                                _|┃
        ┗┓|_                                            _|┏┛
          ┗━                                          ━┛




    ┏━                                                .      ━┓
  ┏┛| ̄                                                ....      ̄|┗┓
  ┃| ̄        「僕の国にも貴女の国にも受け入れて貰えないかもしれません。」     ....    ̄|┃
  ┃|                                                          .      |┃
  ┃|_ 「それでも僕は貴女と居たい。貴女が居れば僕は全てを棄ててもいい。貴女はどうですか?」 _|┃
  ┗┓|_                                      .                  _|┏┛
    ┗━                                                .      ━┛


.

258 : ◆IrgLdLtqRk:2013/03/15(金) 22:52:51 ID:K1a7I0fg



         ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
         ┃                                              ┃
         ┃  その言葉に感激したお姫様は、その申し出を受け入れました。   ┃
         ┃                                              ┃
         ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



                             ,  ト_ 、
                            .ヒ-┴--ユ、
                          ,ィ:::::::::::::::::::::::::::::ヽ.
                        /.;::::::/::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                       /::://::::/::/!::::.l::.i::::.ヽ:::r-::::ヽ、
                       /:::::::!:l::il::_Ll_::i:li-i‐‐-::ヽ l::::::|:l
                      イ:l:::::VlィN:VヽNヽ、 _ヽミj:::::|:|  
                      / {:::{:::ハ x==ミ ヽ '´ ̄` !j|::::,':|
                      ,'.::ヽト〉∧ ///  ,  /// ':l:}::メ、:|            _
             ( ヽ      〃 メ::::{i::i|::lヽ   r‐┐  /:/レ:::::ハ           /./
             ヽ ヽ.    /´ /::人Ⅵ:::::l:::l>、 ー' ィ/〃::::::人 '、       / /
            _,ノ  ヽ.  o'   7 八Vトハ从 ィl`¨´ .ト 从/レ'   'o    _/  . ヽ._
         ⊂二_     ,ト、___, <  ヽヽ ヽ    /  /  /`ゝ_>, -‐' ´ ,  /  ノ `二⊃
         , -─ '_ . ヽ ヽ    `ぃ  ii  ヽ  >-<  /  ! // /     ゝ..__    、 \
         ー ¨/,  _,..ノ、       i i リ    >"H;:::l/   ! i !、     _/   \ ヽ. ヽ-’
           ー' / /    ヽー----| i リ   /::::;;! !;::::!     i l | `r一 i´       ヽ_}ヽ_〉
             ‐'       ト、   〃 {  /::::::;;! !;;:::::!     }、ぃ〃  /
                    ヽ.ヽ/.ィ^i  `ト、/! L::::;r    j\ヽ._/
                      `´  ' ,  :!:::::! l:::::::l'    /   ̄
                            ',   ー' └‐┘  ,/
                          |     o|     |
                          /     !       |
                         /      o!.     ヽ.
                        / ̄~     /、     \
                      /\,ヘ    /::::::!o      \
                      !/:::::::::\ //:::::::\  /~~~!~~



   ┏━                                              .       ━┓
  ┏┛| ̄                                              ..       ̄|┗┓
  ┃| ̄ 「本当にいいのですか?貴方の傍に、貴方を想う同じ世界のお姫様が居るというのに。」  ̄|┃
  ┃|                                                            |┃
  ┃|_             そう思っても、口には出さずに。                         _|┃
  ┗┓|_                                              ..      _|┏┛
   ┗━                                            .         ━┛


.

259 : ◆IrgLdLtqRk:2013/03/15(金) 22:53:57 ID:K1a7I0fg



   ┏━                                                      ━┓
 ┏┛| ̄                               ..              .         ̄|┗┓
 ┃| ̄ 「貴方は目の前の問題に向き合えてますか?目を背けているだけではありませんか?」  ̄|┃
 ┃|                                                                |┃
 ┃|_             その言葉を胸の奥へと押し込めながら                     _|┃
 ┗┓|_                                                .     _|┏┛
   ┗━                                                      ━┛



                           f' | \_
                             ,..:':::::i´::: ̄::::::ヽ
                     ー彳:::::::::l ::::::::::::::::::l、
                       、_イ::::::::::::i .::::::::::::::::::::|
                      /!::::::::::::', ::::::::::::::::::::}、
                      /ノ:::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::l \
                      / ノ::::::::::::::::::::::\:::::::::::::ヽ ヽ
                   / ー フ:::::::::::人::::::::::::::::::::::ヽ::\ ',
                     |   |:::::/:::/ ::ヽ::::::::::ハ::::::}:::ヾ  i
                    .;"゙',  ヾ´_,ソ┬ ハ::::::/┬v、:|   .;"゙'、
                 ゙' "  /   | ||   }/ || |  ̄ ‐-、'"
                  r-‐ '    ',└―――┘|       |
                  |       i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ i.      |
                      ',         l _     、/      ノ、
               {( i(    >、   _>= /     |ニヽ__,>’ \
   \______ト、 ヾ、∠>-‐=ニニニ/      !ニニ\   \ ,  ' 、
   ミニニニニニニニニ二二ニニニニニニニニニ/       '二ニニ\  /    ノ
    ミ二ニニニニニニニニニニニニニ/     l    ',二ニニニ\   /
    ミ二ニニニニニニニニニニニ/'       |  r‐ \二ニニ>ュ _
     `ミ二ニニニニニニニニ//ニニ/ /コ iニコ  iコ 1::::::ヽ \ニニニニニニニ>ュ _
        `ー=ニニニニニ/ ノニ/ ./        |   ヽ::_}/ ヽニニニニニニニニニニ>ュ __
                 /  //  /、         |      ゙,   \ニニニニニニニニニニニニニ二_
             /  /     /! \        |     /',      \ニにニニニニニニニニ二三彡
  ̄  ' ,.      /  /    ∧\   、_  ∧__ ' /ヽ      ` \\ニニニー── ′
\    \    /  /    //////>‐- ///\////∧          `
 ̄       ,\_,;ヘ _{   /////////////////////////i\
      <二}:::::::::::::ノ二)'///////////////, ― 、//////////\
          /ヽ:;::;::/   iヽ//(`ヽ///f'´二`ゞ. ⌒ ー'´二二`ー ォ
       /       L  ̄\ \/|    i  |      |_/
      /         `ヽ_|   `'    ├ ┤      |
フ   /                  i!       l   '.      i



           ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
           ┃                                      ┃
           ┃    彼女はどこまでも、彼の味方だったから。    ..    ┃
           ┃                                      ┃
           ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

260 : ◆IrgLdLtqRk:2013/03/15(金) 22:54:46 ID:K1a7I0fg





                           EPISODE 13


                           【ベジータの卒業】









                                                     次週 開幕!!

      ,,..-──‐- 、
     /.:: : : : : : : : : : : :ヽ  ………
     !:: :: :: : : : : : : : : : :',
     /-{:: :: : : : : : : : : : :}
     i ェェ {:: :: : : : : : : : :;!  一つの物語が終わるよ。
    <   l:: : : : : : : : : :ノ
.    Еフ ゞ:: : : : : : : ,‐_
    /⌒ヽヾ─---─ '  i


.

262 : ◆IrgLdLtqRk:2013/03/15(金) 22:57:11 ID:K1a7I0fg
以上でーす。
これから次回の作成に入り、完成して投下までには新板へ次スレを立て、そちらでやるつもりです。

引越し後も是非見て下さいね!

264 :重要連絡【管理人連絡スレにて】:2013/03/15(金) 22:58:42 ID:HxcJ7H.s
予告乙です
ハッピーエンドで終わるか怪しいあたりもあって感慨深いものがあるね…


261 :重要連絡【管理人連絡スレにて】:2013/03/15(金) 22:56:35 ID:CXnr0gwc
乙です
どうなるか予想もつかない、超期待してるぜー
関連記事

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://yaruosanmatome.blog.fc2.com/tb.php/1692-d42979f5


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。