スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カナがない夫でない夫がカナで あとがき2

618 :名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/04/08(日) 15:53:36 ID:uQ9OduEY

もう見てる人も少ないでしょうが作成秘話その2。話の中身についてです。  〔<●><●>〕
まず第一話、第二話ですが、ぶっちゃけ失敗したと思ってます。
その理由は……


619 : ◆YBS1301VZg:2012/04/08(日) 15:53:52 ID:uQ9OduEY

      / ̄ ̄\
    /    _ノ \
    |    ( ●)(●)
    | U   (__人__)     \人_从人__从_从人__从人_人从ノ/
     |      |r┬| .}       >      長 い !     .<
     |       | | | }      /Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒WY\
   ,..-'ヽ     `ニニ }
  ./::"::::`ヽ、.,__ __ノ ゙
 /::i::::::::::::"'弋'!ー',イ>|'_ノ´`ー -,,_ _
. }:::゙|::::::::::::::::::::~゙:_戈;f"  、    イ/ `i
/:::::::!;:::::::::::::::::::/',r.テ    \xー.ォ、__ノ
::::::::::::ヾ!:::::::::::::l .l r'   ` 、_冫y"
:::::::::::::::::\o:::::l .ト、  ヽ,_ノ"ー'
:::::::::::::::::{::::{\代 l>ー、,_ノ



一話二話合わせて、一日で270レス近く投下してしまいました。
これはちょっと長めだと思います。

620 : ◆YBS1301VZg:2012/04/08(日) 15:54:08 ID:uQ9OduEY

これが、バトルのあるようなスレとかなら別にいいんです。


          _,,,....-::::,,..-;:'
     _, -=''""""    =--、,、`,"+`ゞ,;:
     _,.-'^ "              ̄=.、".
     -'^               \`,`,;⌒`;・",;+
   >                    ミ`+,;:;"・ヽ` `
  :"  ._=__            ヽゞ,:;*ヾ"`丶 ┼
 /  彡  .       -ミ、         ミ   `,;:"
 /〆"           \       `i       丶
                 丶      |i     +   +
                  ミ     .ミ
                  |     |l    /  +                |丶
                   .i|    |i      ´             .!  |ヽ  | |
                   .i|    |i  ゞ                /|  | | ヽ
                  i|    |i  ´`  +  i          / .|   ヽ
                 j|    ,/  '  /   .|\        / /
                 .i|   ,/;:";:|;,/×     \\   _,,,,... ー ニ -
                i|   ,/";:`, 、 丶  _,,,,...ー-   _ -  / / ̄
                i|  ,/`,;:ノ`,        ̄ ̄ ̄\ |    / /             .!
               .j|  /;`,;:+               !   / /             ./.|   /|
               / ./+``                 / /       -ニー,_ / /  / ./ /|
              ././  ,'                   //           ̄  / ./  / / / ./
            /"`;丶                    /               / /  / / / /
           / `,                      /               //   / / / /
          '                                        /    .∨ / /
       /                                             /ヽ .∨
                                                      ヽ´/ヽ
                                                        ヽ´


こんな感じで、エフェクトが多かったりするので多少レス数多くても読んでて疲れないんです。
しかしこのスレは会話が中心のコメディ。
一般的にそういうスレは、一回の投下を
100レスくらいに収めるのが良いのではないかなぁ、というのが持論です。

621 : ◆YBS1301VZg:2012/04/08(日) 15:54:44 ID:uQ9OduEY

しかし、自分としては最初の投下でできるだけスレの説明がしたかったのです。
一話二話で書きたかったことを箇条書きにすると……

・やらない夫が不良だということ
・金糸雀が優等生だということ
・やらない夫にはやらない夫軍団という馬鹿な仲間がいるということ
・阿部さん率いる不良と敵対しているということ
・やらない夫と金糸雀の両親について
・二人の入れ替わり
・入れ替わった後のトイレや風呂
・朝起ちのギャグ
・入れ替わってるのを忘れたうっかりミス
・入れ替わっての授業
・VS阿部さん
・金糸雀の身体でも強い理由
・阿部さんに惚れられる金糸雀


    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |   そりゃ長くなるはずだろ、常識的に考えて……
. |        |
  |        |
.  ヽ      ノ
   ヽ     /
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |

今にして思えば、無理して一気に投下しなくても良かったのかなぁなんて感じます。
例えば前スレ>>59までで一話、
>>115までで二話、
>>196または>>238までで三話、
>>284までで四話とすれば丁度いい長さかな、と。


でもなー。最初の投下で主要人物を全て登場させておきたかったんだよなー。

622 : ◆YBS1301VZg:2012/04/08(日) 15:55:07 ID:uQ9OduEY

実を言うとこれでも結構削ったんです。
これ以上長くなるのは問題だっつーことで、いくつかギャグを泣く泣くボツにしました。
自分の長所は、どうもテンポの良さにあるようなので(自分ではよくわかりませんが)、
長くなるとその長所が無くなってしまうんじゃないかな、と。
投下後の感想では「テンポが良い」と褒められたのでホッとしましたが、
やはりちょっと長すぎだったんじゃないかな、と自分では思ってます。

623 : ◆YBS1301VZg:2012/04/08(日) 15:55:35 ID:uQ9OduEY

続いて第三話。
入れ替わりのお約束であるテストネタです。
この話で一番書きたかったのは

          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒ \
    /   (●)  (●)  \
     |      __´___     |
    \      `ー'´    /
     ノ           \

実はこいつだったりします。

頭はいいけど馬鹿。できる夫はそういうキャラなんだぞ、と紹介するお話でした。

あとはやはり、金糸雀もやらない夫の事を好いているというのを読者に伝えるのと、
やらない夫軍団の馬鹿さ加減を伝えるお話でした。
何気にやらない夫が一番テストの点悪いんですよねww

624 : ◆YBS1301VZg:2012/04/08(日) 15:56:19 ID:uQ9OduEY

次に語るのは第六話。
何故四話じゃないかというと、実は第六話は元々第四話として書かれたからです。
当初は、

::::::::::::::::::            ::::::::::::::VVVVノ\.         ::::::::::::::
::::::::::::::::::            ::::::::::::::::::.      \.      :::::::::::::::::
:::::::::::::::: ̄ ̄ ̄\.       ::::::::::::::::.        \.    ::::::::::::::::::____
:::::::::::::::::      \.    ::::::::::::::::゙/^^\/ \ \...... ::::::::::::::::::     \
:::::::::::::::         \... :::::::::::::::         \  ∨゙::::::::::::::::        \                             ____
::::::::::::::二二 ̄  `ニニ l..゙::::::::::::::二二 ̄  `ニニ Y:i|...:::::::::::::::::二 ̄  `ニニ |                           /      \
::::::::::::::''T'''T'    T''T   l゙::::::::::::::''T'''T'    T''T  |从. ::::::::::::::: ''T'''T'  T''T |                          / ─    ─ \
:::::::::::::: ̄ ̄      ̄   |゙:::::::::::::: ̄ ̄      ̄   |... ::::::::::::::  ̄ ̄    ̄  |                          /  ( ●)  ( ●)\
:::::::::::::::::::     ′    i :::::::::::::::::::  (__人__)   i.... ::::::::::::::   (__人__)  |                           |      (__人__)   U |
::::::::::::::::::::: ―‐-    丿:::::::::::::::::::::  ` ⌒´   丿.  ::::::::::::::    ` ⌒´  }                           \ U.         ,/
::::::::::::::::::::::       /.....::::::::::::::::::::::       /...  :::::::::::::::::::       }                            /     ー‐    \
                                :::::::::::::::::::::     ノ
                                ::::::::::::::::::::::    く

この、「なにやってんだこの馬鹿……」的な場面の辺りで終わる予定でした。
しかし、海ちゃんにやらない夫が金糸雀への恋心を伝え、それを金糸雀が聞いてしまうというのを思いつきました。

625 : ◆YBS1301VZg:2012/04/08(日) 15:56:52 ID:uQ9OduEY

そうなると問題は次に控えている修学旅行編です。

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   | U    (__人__)      やらない夫の気持ちを知った金糸雀が、
.   |        ノ       修学旅行で普段通りの行動をとれるだろうか……?
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)          無理だよなぁ……そうなると恋心を知るのはもっと後にしないと……
. | U   (__人__)           でもこのネタをボツにするのは惜しい……
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \


とまぁそんなわけで、せっかく書き上がった四話は六話に回し、
先に修学旅行編をやる事になりました。

626 : ◆YBS1301VZg:2012/04/08(日) 15:57:07 ID:uQ9OduEY

それはさておき海ちゃん超可愛い。

                ...:.:.´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.寸i:i:i心.:.:ヽ
                 /.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、.:.:.:.寸i:i:∧.:.:.,
             ..:.:.:.:.:.:,..:.:.:.:.:.:.:.:..′ /.:.′ .:.:.:.:.:.:.:.: i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ .:.:.:Vi:i:i∧.:.′
            /.:.:.:.:.:./.:.:. ′.:.:i.:l.:.:. !.:.:| .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. l .: i.:.:.:.:.:.:.:.:' .:.:.:.:Vi:i:i:i}.:.:i
                ′.:.:.:./.:.:.:.:l.:.:.:._」 L.:.:|.:_.!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.l.:.:.:.:.:.:._.」.:_.:.:.:.Vi:i:i}.:.:{
            ..:.:.:.:.:.:.′.:.:.:レ´.: |.:l:|.:.:!.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. !.:.:.!.:ゞ.:.´:.: !.:.:' .:.:.:',i:i:i}.:.:.
           ′.:.:.:.:.{l.:.:.:.:.:.!.:.:.:. j_」L土.:j.:ヽ .:.:.:.:.:.:.:. |/|.:|.:.:.:.:.:.:.!.:.:.l.:.:.:.:'i:i:′.
              l.:.:.:.:.:.:.:i !.:.:.: _,.ィ≦> ¨ ̄ `ヽ _____ j_{.:|___j_j.:.:.:.:.:}′.::
              L:_.:.:.:.:.l }-―゙守刋i  _ ノ乂oi        -‐____   `ヽ/`ヽ.:.
              ̄`,.:.:{ ヽ ゙守|  i::ゞツノc|      ′彡-―-ミミ  '   !.:.
                /.:.:∧. ',  ゛  {:::´¨`:::リ         ´      `  ′ノ.:.:
                 /.:.:/.:.:.\.,    ゞ-―‐゙´        / / / / / /´i.:.:.|.:.:.
               /.: /:.:.:.:.:.:.:/V / / /      r─――┐       /.:.:.l.:.:.l.:.:.
.            /.:.:. /.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧          .       ′    ...:.:i.:.:.:.:i.:.:.l.:.:.
         /.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:`.:.... ,       、   /   .ィ.:.:}.:.:.′.:/.:.:.′:.
         /.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:. /:.≧:...  _  ー_ -‐ ´ トv‐- 、.:/.:.:/.:.:.:.:
.      /.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ .:.:.:.:.:.:.: /.:.:.:.:レ.‐∧           / ′:::::::>-、.:.:.:.:.:
_ ...-‐=彡.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/. -‐ ´:::{/  .,       ./::::, :::::::::::{::::::::` ー
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.. -‐..::¨:::::::/:::::::::{.   \   /:::::::/:::::::::::::::',::::::::::::::::

一話しか登場させることができなかったのが惜しいです。

627 : ◆YBS1301VZg:2012/04/08(日) 15:57:32 ID:uQ9OduEY

四話と五話は修学旅行編。
みんなでお風呂は入れ替わりもののお約束ですね。
このスレを立てると決めた時に絶対やろうと思っていた話です。
しかし18禁スレにする気は無かったので擬音のみで表現。


.          トヽ、  、,,_         '个ヽ、,,,_ ._,,,,,--,、
       ,/;,._,l゙ !_  ヽ `ヽ        ,l゙ .,! ‘'二`   ゙|
.      ヽ.,,__  ,__,,,'ソ  ヽ_ノ       ,l゙ ,i´  ,//"゙゙゙゙`
        ,、.l |             │ /   .'″
     /    |              .| .| , .,、                     ,-,
     |  O  |     |ヽ       .| .|/l゙ l゙|                   l゙゙゙l/ .\
    ヽ,,,_.  ヾ.,,___,,ノ |       .|  | |,`ー---―''ヽ、         | `,,-i、ッ、,!
          ゙l、_  __ノ        ゙l、 .| `-,,,_    _,,l゙.         _,! .こ,,! l゙,} .|
           `'''' ̄            `''''′   ` ゙゙゙̄^ .            | .|!,.″″,i´
                                             ̄`゙,!..r‐'゙
                                               `′.       ___
                                                        _/ ‐匕_ \
                                                    \  (乂 ) |
                                                        |   /   |
                                                     .|  /⌒し  |
                                                     \_つ_♥ノ



でもこれだけでも結構エロいと思いません?

628 : ◆YBS1301VZg:2012/04/08(日) 15:57:46 ID:uQ9OduEY

修学旅行編は、留年を繰り返すおバカな阿部さんや、相変わらずのボンクラーズ。
その辺を上手くネタにできて、中々いい出来の話だったんじゃないかなぁと個人的には思ってます。
下記は特に好きな一場面。

         ____
       /     \
.    /   ノ '  ヽ\
.  / /)(ー) (ー)u\
  | / .イ    '       |    そ、それが今ので
.   /,'才.ミ).  ⊂つ  /     バッテリーが切れてしまったようでして……
.   | ≧シ'        \
 /\ ヽ          ヽ



             _/\/\/\/\/\/\/\/\/|_
             \                              /
             <    お前なにしに来たんだよ!! .....>
             /                               \
               ̄|/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/ ̄

629 : ◆YBS1301VZg:2012/04/08(日) 15:58:50 ID:uQ9OduEY

六話は先程語ったとおりで次は第七話。
こちらも入れ替わりもののお約束で、入れ替わった状態で告白を受けるというお話。

                __/ ヽ―― x '\
              __/       \/    ̄ヽ
               /   , / ,'  !       ヽ   ハ__
            /  / | |  | /ヽ  , ヘ.  !   !   ヘ
              |   |  | |  | |,,, 、,, 、,,,|  |   |  i ハ
              ,'|   |  | |  | |      |  |   |  | i| |
.             | !   ! ∧_! -i! !      ! 」_ / / i |
           | ヽ  i| !tニムヱ}」    ム旡ニzx_/  ィ !
            |  ヘ_ハ__|            '¬' |___/j/
             | ( i   |z==ミ      ィ==z|  | |
              | /│  |      ,        !  ! |
          | | i!   |     __      |  |  !
           │ |  !   |ヽ    `ー'    , イ   !!  |
            | | │  !   > 、     , く │  ||   !
             | |  ヽ  |-‐ri|  >‐< |ー- |  リ  │
.           │ | |   ヘ|  |ノ      {   ム‐'´    !
          | | |    |  |       `i  |      |
         ,r‐┴.| |      !  !, -―― --、|  |      |t 、
       / ∨ ヾ| |     |  |イニニニニミ|  |      | | ヘ
       |  ∨ | !     ! ヘ         ノ  !      | |  |

朝倉は何かと使いやすく、自分が書く短編等でも出演率高いです。

どうでもいいですが名探偵コガンは冤罪多い気がします。

631 : ◆YBS1301VZg:2012/04/08(日) 15:59:16 ID:uQ9OduEY

一番悩んだのが八話と九話。
最終話は既に考えてあったので、ここで二人が気持ちを確認する話にしなければなりません。
その時に思い出したのが、漫画『エルフを狩るモノたち』です。
(下のAAはエルフを狩るモノたちメインキャラのセルシア犬バージョン)


           「r、>、                   ,.イ´~「i
           Λ  、>、.            ,ィク  .iハ
           |..i   、 y<´ ̄ ̄ ̄ ̄ '<ェ   i.|
           l .i,  ,シ='             ヤ  i. l
     r.、 _    .i i ソ -――一-   ,r――ー一V V
     _l◎7l,   .V レ'    、,_.ノ    l,///////l V7
     、`  ',   '、  、、、、、、   てソ ' 、,___,ノ  ス
      i.  ハ.  V           |     7777.、 ハ
      |   Λ. 7   {        人       .} ハ
.      |     'V   `>ー-―<  .>=----<  l
      ',     .7          7777         i
.       V   l                      ト 、
          V  .i                         i.  `ト、
.        Λ ,                      l     ヘ.
         `7                           l:.>   l
.         l                       l    ./
.          l                          l  .∠


この漫画の中の1エピソードで、主人公の龍造寺淳平と井上律子が入れ替わるというお話がありました。
淳平の身体に入っていた律子がボコられ、それに怒った淳平が律子の身体で戦うのです。

632 : ◆YBS1301VZg:2012/04/08(日) 15:59:37 ID:uQ9OduEY

これをオマージュしようと考えました。
そうなると、敵キャラを考えなければなりません。


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●     弱いと盛り上がりに欠けるし、
   | U    (__人__)     強すぎても倒すのに困るし……
.   |        ノ      どうしようかなぁ……
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /




      __
    / ~\
  / ノ  (●)\        待てよ?それほど強くないけど
. | (./)   ⌒)\       倒すのが厄介ってのはどうだろう。
. |   (__ノ ̄   \      例えば武器使い……
  \          |
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|

633 : ◆YBS1301VZg:2012/04/08(日) 15:59:51 ID:uQ9OduEY

というわけで選ばれたのがキル夫です。


       ____
     /     \
   /         \
  /   (●) (●)  \
  |   (トェェェェェェェェイ)   |
  \  \ェェェェェ/   /
  |          |
  ||        / |
  ||       ./ ||
  (_|   r  /  (_)=|三三ラ
    ヽ  |/
     >__ノ;:::......



北斗の時といい、彼には悪役ばかりやらせてしまってますな。
いずれはいい役も与えたいものです。

634 : ◆YBS1301VZg:2012/04/08(日) 16:00:40 ID:uQ9OduEY

ナイフ使いが相手なら、やらない夫も慎重に戦わざるをえません。
なんせ身体は金糸雀ですからね。


           _,   -―― -  、/` '´廴_
           , '´.: : : : .: .: .: .: .:_/´_, - 、 {
   _.   /.: : : : : r冖ー'´ _ /__  /l } 〉
  /, - 、\: : : : : : 」  r-―fヒハヘjハ  」/ {
  !|  / :.`',:. :. . : :  {  'r‐ '´{匕犬シj´ { /!
  亅/  : : .\:. :. : : . : ヽ \/ 寸T¨ヽ\丿:'
   ,' :l :.:./  ` - - _:.ヘ _`¨ー| lー-ヽ \:l
   | : l .:.,'           ̄└ヘ|__」へハ/j/:|
   ∨ : l:.l         / ,夫==<l|〈ヘ∨.: .::l
    V: ::.{.  _ ,     〃!ハ:::::::::} ヾ j |.: ;':/
     ヽ: :ヘ  ,三..       弋Z:ソ  |! /.://        (クソッ……俺の身体なら
       \ム{ハ::::::ハ      .:.:.:.:.:  /:´.:.' イ         腕の一本でも犠牲にして、ナイフを防いで攻撃を叩き込めるが
        入 ゞソ  、:.     U /.: :/ .: 」         、金糸雀の身体をこれ以上傷つけるわけには……)
        {.: ハ .:.::   r_、   /ノ.; ' .: .:/ ̄ ヽ
        |:/ /:>‐- ,.__.  ' /f.: .: /.:〉: :  ',
        ,!ー{:. `:.ー:.l/j|\ヘ --/.:, :' .::イ: :   '.
        /  〈:`:.ー:/ /}{ヽ.\ヽV〉. : .:.イ: :    ヘ
       ,'   〈ヽ:r'/イ \\` Y: , :'.:.:ノ:     ハ
        /´   : .ヽj ' 〈 V /ヘ  ゝr‐_'´: : .  . ,: ノ
       {    : :.rヘ  ', /´ ヽ  {|´ lr-、_, _‐'二. ヽ
     「`ー-、__ ノ しヘ._ ムフ /f⌒|  ハァ , r、ヽ _} |
     l └' / ん1    ノー '  }  __人1| l  rー┘
       .ゝ / /  └‐-、ノ}   〈ー'´    ヽ! ヽ. |
     l / j    . : :/-、_ ‐¬ヘ    : :. ヽ }|
     L〈:.    . : :/ ァ ,-、 r┘:.ヽ    : : : l T
       l: . . : : -/.: l |: : l|: : :.}: .  : : } .:|
         \: : :./.: └': :└' : : :..ヽ: . . .: .:.j :/
          ̄/´.:::: .: : : : : :. :. :::..\: .: .:/、
         /                ̄ ´  \


ここで、
金糸雀出血! → 実はあの血でした!
というのを思いつきました。

635 : ◆YBS1301VZg:2012/04/08(日) 16:01:05 ID:uQ9OduEY

キル夫のラスボス感を出すために、阿部さんややる夫達には噛ませ役になってもらいました。
が、そこそこカッコイイ感じの役柄を与えられたんじゃないかなぁと思ってます。



    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
   !  :l.        ,リ|}    |. }
.   {.   |,.へ   :ヽ '/   ,ヘ }
   レ-、{ ゞミ≡=ァノj!}=夭''´K
   !∩|.} ゙゙匈゙` ...:::::/''匈 / f^|
   l(( ゙′` ̄'"〃 f::` ̄  |l.|
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ
.    }.iーi       ^ r'    ,'     男として生きるのに
    !| ヽ.   ,∠ニ=   /      古くせぇも新しいもあるか。どアホウが!
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\




: : : : : : : : : : : : : : : : \
: : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
: : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
、 :|: : : : :|: : |: : : : :',: : :ヽ : !
:  | : : /|: :/ :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
;‐7 | :/ |:./---┐V|.: : : | V
' ̄ |/ レ:ニ,ニF、'' |/ヽ: : |
::   ,.,. |ヽ 」9L.` K }.|ヽ:|
    l'  """  l ) / V
  h、,.ヘ.      レ'/
          レ′
 r.二二.)     /             阿部さん……
  ≡≡    ,イ
.       / !
\   /  ├、
::::::` ̄´   /  !ハ.



「男として生きるのに~」は吉田聡のDADA!から拝借。
ウヘへ。パクリばかりですんません。

636 : ◆YBS1301VZg:2012/04/08(日) 16:02:27 ID:uQ9OduEY

次の問題はどうやってキル夫を倒すか、ですが、
ここで両親の設定を出す事にしました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            V {  / /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾム升_nj'´|ヽ_||
.            >ヽ,{ /.:   `ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,.ィ'´  .:..\ }'´V |
              { ´ヽソ.::.... _,ォァ=-`、=‐- , ノ ヽ ヾ-‐=,´-=大ヾ_:::::::::::|ノニ、}ノ
           ヽ,.ィ´',:::::::イ { {О} lヽ、       /1{О} } 〉:::::::::ト,.、ソ
.          ,rァ/''ヽゝ.',::::::::... ゞ:::::ノ ´:..       ..:` ゞ:::::ノ...::::::::::::|'´/\=‐-、
      / //    \',  -、                 (r'´     レ'´  /,>、´ ̄`ヽ、___
,r‐  ,.-‐く,.-‐ゝヾ"ヽ、   |',....ノ         .:::..      `ヽ、.__ /   //  ノ)  ,..ォ'´/
                         _/\/\/\/\/\/\/|_
                      \                      /
━━━━━━━━━━━━━━━<   はああああああっ!    >━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        /       ゙,,--、    /                      \
      /        |        ̄|/\/\/\/\/\/\/\/ ̄
     / _,,-'''"""'''‐、   | 二 ||  ゙                    /゙ヽ/        /`l
      |     /  ̄ヽュ,,_ト==''l                     /    ゙、     ,、.   l  |/ 〉
     ノ    /ヽ、 、_"))    |                    /      }    ,l |  l  |レ'
    i   //:;:;:;:;:iヽ-''    丿゙、                  /      ノ     ,! L.-ヾi=,'
      |   |::| ,,=''" ヽ   /  入               /        |  _,.-'´  _, - '_´
     ゙、  |::|  `‐= 、  /  ο   O     / 。    l'         |  |_,.- '´| L-'´_|
       \,|::゙、_  l_ノ)丿..゙ヽ。 O     /      ο.            |   ,.-'´  ,.-'"
        "'' "''i'‐‐''ο   ヽ  。  //  O_,  。          /    |,.- '´| |    />
          /,,,_ヽ   ノ . iヽ:''"゙゙'':.,/...   _,,-''" ̄`       ,- /.         |,i   / r´  __
         l. -―==ニ二 ;:     :; 二ニ=―‐‐..゙、     l /             く/Ll  //
          `‐-‐''"。  'O   :、,. ..,::'、‐-   。..゙"'''''i;:;|      /                レ'!_l
                    O   //`v:: 、j  。 O_,... /;:;:;:|     /               /|
                       //。  |   ヽ.゙,,- _,,l i''/;:/;:/    ノ              //   __     _
                      /    ο    O.../  i‐';:;:;:;/   /              / ィ'  /__ノ   /丿
               /.゙:,--゙、''"    /   ,--、 ゙、';://,,-‐''"              く/レ         / /
                 にl `|>-、,へ-‐、⌒|i ̄i i |'""                        ,____,. - '´ /
                         |コ ) |ニl l .| ̄  /                         /____,/
                      `''i┤  ' _,,|    |ヽ、_,,/
                         ゝ-''"::::ヽ、,,,/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


でも自分で言うのもなんだけど、正直波動拳はどうかと思う。それまで比較的普通の学園生活してたのに。

637 : ◆YBS1301VZg:2012/04/08(日) 16:02:48 ID:uQ9OduEY

最後の問題は後片付け。
普通ならキル夫は復讐にくるだろうし、どうしよう……
ってなところで再び両親の設定を使うことに。


               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \
             |  (●)(●) |
.             | u.(__人__) .|  まさか大して理由もなく使った両親設定に
        r、      |   ` ⌒´  .|   ここまで助けられるとは……
      ,.く\\r、   ヽ      ノ
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
        └'`{  .   \.|   /   i
            ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
            `ヽ、   /'  |
               `'ー'´


自分は全部のプロットを考えてから書き始めるのですが、
ここまでで数ヶ月が経過。いやー書き始めるまで長かった。

次回はボツネタとかその辺について書く予定。

630 :名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/04/08(日) 15:59:05 ID:6Lv9TMs6
海ちゃん、てっきり百合属性持ちかと思ってた

638 : ◆YBS1301VZg:2012/04/08(日) 16:03:32 ID:uQ9OduEY
>>630
それ、当時も言われてましたねww
なんででしょう。原作の海ちゃんは別に百合属性じゃないのに……


641 :名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/04/08(日) 22:25:23 ID:kYdsFm/2
なるほどなぁ
話の転ばせ方・・・・ためになります!

乙でした!
関連記事

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://yaruosanmatome.blog.fc2.com/tb.php/452-76d1a935


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。