スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

巣作り(できない)ドラゴン 埋めネタ

992 : ◆20L.ujnjAg:2012/05/30(水) 22:34:35 ID:aLwpuZVc0


 埋めネタ


┌────┐
│魔法    │
└────┘



               ノノノノ
               ( ゚∋゚)
           ミ ̄ ̄⌒∨⌒ ̄ ̄ミ
           ノ|||||||||(****ノ|||||||||(
.   ,ヘ      .ノ|     |****|
  . | \ ∧∧∧/    /\/\
    \ ` -Φ-/   ( /⌒\ )
  _<川´∀`||>_ \\ // <これが余のメラゾーマだ
  \ ̄|||| 川 ||| ̄/  彡ヽノミ
 .  |`⌒Y  Y⌒|つ
  . | . |\/|  |
    |  ノ    `、|
   |ノ       ( |
    |ノ ____(|
   ノ ⌒| _)_)|
   ⌒⌒⌒⌒⌒⌒




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 魔法は天界ではほとんど使われなくなって久しい。                  ┃
┃                                                    ┃
┃ 科学技術を用いたほうが楽だからである。                    ┃
┃                                                    ┃
┃ 魔法は上流階級のお稽古事になってしまった。                     ┃
┃                                                    ┃
┃ 天界の大学卒ドラゴンの初任給が平均20万マナであることを考えれば   .┃
┃                                                    ┃
┃ 魔法を習うのは一般のドラゴンには高すぎる。(平均の月謝が5万マナ)   ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

993 : ◆20L.ujnjAg:2012/05/30(水) 22:34:50 ID:aLwpuZVc0


  / / /_,/ 八ル'       /         \ミヽ、
/__〉--// /  }       //   /     ヽゞ=、ム
――― '' / /,  /      ,イ/    //       ;   ゞム
        //,く__/     ///    , / /          }   ヾ
      // /    `メ、 //   ,イ/ /         /     ',
.   //  |    /   ハ  /' / //!       }      |  ハ
.  //   |   /}ト、 | トミ/、/ //|      /    | j }
 /__//    ,イ |  {、 ,んヽ\ |ミ∨|| |     /   ′  }   |
/ //    /人{、 {| ゞミメ少ヘN j}' リ |    /   /   /    }
  〃     // ヽヽハ   `      ノ  /,'   ノ   /  / ,'
  {'    // {   \          ゝースノ_彡'´     /  / /
  |   ∧! ∧             っ=ミ、-ニヌ、  //  / /
\|    ,/__≧-ヘ    丶    ,    ゞ、タ≧三二ノ / /} ,'
  |   /ん==ァ、     、 \_ ´     `イ´  /|´/彡' _ノ'
  |  ,'((__/介{ヽ        ヾー‐ '― ー‐イT‐ ´          ...:::::::::...
  |   ト、//´゙///} (/`ー―――‐ 7´≧=ァ__ イ /||           ..:::::   ::::::.
  '   | 《 } /// | {| ))        }/`ー´/ / / ||          :::::::::.....::,. ァ:    / )丶
-、 ヘ | 《},/// | })ソ         /   ′/ , ||            ::::::::::/ ;:   / / , ′
  }-{! | ̄{//'_  |ノ)Y\       /   / / /  ゝ'__           / /  / / /
  j 八{  レ'  }_r{_( 」::::::\___/ /三三ノニ=' ̄      _____/ /ー‐´ / /
    ヽ {zテヘ∧廴j):::::::::::::/ /::ヽ三三三ニ=- 、   /        /  _ , ' ノ/
   / \>、囘))  fj::::::::/ /:::::::::::ハ三三/ ̄ヽ_/\'              /  ∠! /
 /  /  ̄´{  V::/ /::::::::::::::::::::}三ニ}   /  /  /             /_ノ


 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ シルバーが魔法を使えるのは、シルバー自身が魔法の家元の娘だからである。   .┃
┃                                                      ┃
┃ 実際に使うためではなく、あくまで嗜みとして学んだだけなのだ。              ┃
┃                                                      ┃
┃ 千里眼を使うより、ビデオカメラを使ったほうが何倍も楽ではないか。           ┃
┃                                                      ┃
┃ 誰もが感じることをシルバーも感じ、家を継ぐのではなく 官僚になる道を選んだ。  .┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

994 : ◆20L.ujnjAg:2012/05/30(水) 22:35:04 ID:aLwpuZVc0


    / /   /=ミ、ヽ_//厶     `ヽ、
   /_/    厶≦二二ミく.:`ヽ.   、_  ',
 、__/  / , - ¬…'"´ ``丶、ヽ、.:', 、 ' ,`ヽ}
 / / ./             Vハ..:.:. ::ト、 ゝ
 |/|/     }            Vハ.:.:.:.:. .:ト、\
  , '  .i .:/ ./   i   トヘ       }/}.: .::!:.:.:} `^`              〆
 .'   |:|! :|/|:/|! |  :l: :!:!: !:、  | :| |ハ7.::.:.ハ:.厶                  〆
 l  /|:|! :|-l'--、!  :/l斗|-|-|  | :| |//.:.:..:/ }′              〆
 | l|.:|:|! :lrーr-、| / };ハ|;ハハ: :| :| |V.:.:i:.:.:,′               〆
 | l|.:|从:| 、 Lリ !/  、__  } |:! !: |: |レ             〆
 | ハ:|: |:{           ̄ ̄ .冫/:/: :/: :|: |             〆
 ヾ{ ヾ{: \   ー-       }/:/:!:/ : /!/       .r-、/ィ
      \: :l>.、 __  . ィ{:/: :i:|: :/        .ノムイ {
   /⌒:::::::V:i \ . く>r<ー}八从 /         //´- |./
  /:::::::::::::::::::::::::::\ >rく \::::::::::::` ー - 、 /イ/r:┴ヘ
 ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、//ヽ\|:::::::/::::::::::::::::::\|  レ'  ̄/
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\| Tア|:::::/::::::::::::::::::::::::::|r'´  /
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::‐::::::: ∨/:::/::::::::::::::::::::::::::::∧ イ\__
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ::|::/::::ー:::::::::::::::::::::::|/   イ |


┌─────────────────────────────────────────┐
│ ただ、ブラッドが生物の心を操っているように 魔法には科学が立ち入れない面が存在する。  ...│
│                                                                │
│ しかし、天界のドラゴンは魔法の隠された一面を既に忘れ去ってしまった。              │
│                                                                │
│ 知っているのは古代からの生き残りだけである。                                │
└─────────────────────────────────────────┘


             ___
            l´   `
            {_,;   l
            (__).j__i
           γヽく≧=_ヽ
            i V}////∧ゝ、
            ゙: NV///////ハ           /.:.:.:.:./:.:.:.:./´ _____
            ! :l/i////////∧           ,∠-…ー/:.:.:.:./イ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
            l//zi////////,∧      ./.:} ,. '´,'.:.:.:.:/:.:.:.:.:.{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
             }//i./////////∧    _, '.:.:__ァ'  /i:.:.:.:./:.:.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
            ///メ//////////∧...'´.ィ¨¨アく. //!:.:.:./:.:.:.|」_.' ',:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:
           .///V./////∧_)///∧.´/.:.:/'.:.:.:.ヽイ /|:.:.:.:!:.:.:|从l`ヽ、 :.:.:| 、:.:.:.:.:
           ///И//////////// /.:., ' /:.:.:.:.::.:厶.'.:|:.:.:.ム:.:.|,ィテぅぇ、\! \:.:
           l//,{///≧v///≦i´... ...:.:,.' ムヤ7.:./.:.:.:.|:.:.:.l ヘ:.:いh.  |       `
           jz//////////У  ...// /.:/.:./.:.:.:.:.:l:.:.:.|:、 ヽ:、’-‐'
          i//77V//Ν>イ     ..'  /|:.:./|:./|:.:.:.:, ';l:.:.:|.:`ヽ-',      '
          ヘi//////j////j     .‐'  |:.:,. l' |:.:./ /ヘ.:.:.v:.:.:.:.:.:ゝ ._  `ゞ'´
           l//////l////        ∨.. -‐|:/ヽーヘ:.:',‐' ´  l 〕---‐' ´
           |//////,///      .,. ' ´     ′ '.  \、   |´!

995 : ◆20L.ujnjAg:2012/05/30(水) 22:35:30 ID:aLwpuZVc0


┏      ┓
┃ 階級.. ..┃
┗      ┛


                               r'`ー^/`〈
                            ,  レ- ,/  _,/L
                       ,-‐-、  / |   ( イ"/^7ゝ
     /^V^ヽ、        fヽ、// 、.. ヽ/,,, t、   ,〉┴' r、\
    _l  `ャ、)          ,l  /"     ',;;;',,, ` ⌒' /  / \ヽ、
   ( ゝ ヽ、,l`i      /´,;''   /      ,,;;,;;;' , - ゝ   ,!   ` 、\
  /ヽ、    ノ`ー 、_, -‐'  ;,  /      ''''''_. -''、,. _.、_, ┘     \`、
 / ,'´   `ー、    )   、: / :. .     _/ ラ  ̄, - 、         ゙、`、
./ /       \_   _ューr' /  :     / /~   く   ヽ rー- 、      ゙、゙、
 /        `ー'´ n/ /   :.   / 斤、   r^ヽ、  )ノ   ゙ヽ    '、゙ 、
/      , - ''´ ̄` ー、レ, /   ,  :  / //´ ヽ  `、. l        ` 、   '、 i
     、(        //  /l  .: : / f ( r^i.几  ト 、!          \ |.l
    / ` '      r, // /;'/|  :  / ノ ヽf l/ l  l               \゙! |
  ,. '"         l V_// ,; /,|_ .:  レ'′       |  l                ゙、|
,.'"           |   .,;' /.,;' `ヽ / |        l  |
           r"  /〉,;'  ー―ォ       t. l
           /  /゙-'′   ,..イ''"         `、. t
         ,/ /     r'く´ .;;' L__       ヽ ヽ、
         / ,,     __r!  ヽ;;  ,/         ヽ,i^ヽ
         `ヽ、 _r-、f"ヽ   ( '' /               ヽ |
                く_  l  /              !/
                 l_/ l
                 ヽ、 f
                  `ー




┌────────────────────────────────┐
│ ドラゴンは生まれ持った能力で全てが決まってしまう能力主義である。   ..│
│                                                    │
│ 神級から最下級までのランクは生まれてから3年ほどで決まってしまい、.. ..│
│                                                    │
│ それから大きく逸脱することは無い。                        │
│                                                    │
│                                                    │
│                                                    │
│                                                    │
│ そう信じられている。少なくとも天界では。                         │
└────────────────────────────────┘

996 : ◆20L.ujnjAg:2012/05/30(水) 22:35:44 ID:aLwpuZVc0


            __ /{  __
          /⌒Y V´ ∠_        げ   お
        / /⌒\  /⌒ヽ.     ん   ち
      _ノ ′  _Y/_    \_   き  こ
.       `ア V  ,∠ ニ==ミ  }ノ<´   と   ん
.       /   /         `ヽ   ヽ  も  だ
      {  /               ヽ   }   い   り
    、_ノ  ,′// /{   ハ   ハ ハ {  い  も
     `T l  |/ ハ  { }/ | |}`   が  し
.      ヽ.|  | 二.._\{ _..二| l/    た  な
       八 `T弋_フ  弋_フ j /{    い  い
     _/ヽ{`        ノイ>―- 、 ° し
   /   ,二`>-へ二、 -<´       ヽ
   ヽ、 く/_ \ \>J)           ノ
二二二二二,二二二二二二二二二二二二二二二
       /     ,.へ      ヽ
| ̄| | ̄| | ̄| | ̄| | ̄| | ̄| | ̄| | ̄| | ̄| | ̄| | ̄| |



┌───────────────────────────────────┐
│ ブラッドはシルバーの娘であり、生まれは決して悪くない。                 │
│                                                    │
│ 適切な育て方をされていれば、上級以上のドラゴンになっていたはずである。   ..│
│                                                    │
│ ただ、不幸にして 卵がうまく温められなかったため、最下級になってしまった。  ..│
└───────────────────────────────────┘





                ガツガツガツガツ
            ___,> Y´'ー-、
           _>z二_ ___`ー≧__
           >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
          /        ヽ `Y′之>
     .    /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }く
         l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
         |ハ | (>) (< ) / / ,/レ′
  .バクバクバクバクl '' 。 、__ o ''' 「)'/|/|ノ
        /⌒ヽ__|ヘ /⌒l__) 。O j /⌒i
      \ /:::::| /  /__, イァ/  /
.       从 l||l ///ヾ:::|三/.l||l人.∧
       ( ⌒ ) |  ヾ∨:::/( ⌒ ) |


 
┌──────────────────────────┐
│ しかし、地上のマナは天界のそれとは違う。             .│
│                                        │
│ 地上のマナに晒され続けた彼女がどうなってしまうのか…  . │
│                                        │
│ それは分からない。                           │
└──────────────────────────┘

997 : ◆20L.ujnjAg:2012/05/30(水) 22:35:57 ID:aLwpuZVc0


┏         ┓
┃ 社会問題  . ┃
┗         ┛



 . ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: . 
. : :あるニートは賭けにでた。                        : : .
. : :                                       : : .
. : :  ||\                           /||             .: : .
. : :  ||:. \____________/  ||             .: : .
. : :  ||.   |                  |   ||             .: : .
. : :  ||:   |                  |   ||             .: : .
. : :  ||:   |                  |   ||             .: : .
. : :  ||:   |          ;''"゙''"  ;''"゙''"゙.... ||             .: : .
. : :  ||:   |           ;;''"゙''"゙.、;;:~''"'' ||             .: : .
. : :  ||:   |        ('A`)  ;;  ,,..、;;:~''"゙'' ||             .: : .
. : :  ||:. / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ( ヘヘ ,,..、;;:,,..、;;:~'''' ||             .: : .
. : :  ||/              [___]'     \||             .: : .
. : :                                       : : .
. : :一酸化炭素が部屋に充満する前に                : : .
. : :ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールが .. ..: : .
. : :「ばかばかばか!どうしてそんなことするのよぉ~」と     .: : .
. : :玄関からお邪魔してくることに、生死を賭したのだ       : : .
 : ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : 





┌───────────────────────────────────────┐
│ 前述したように、生まれでほとんど全てが決まってしまう天界の社会では無気力な若者が... ..│
│                                                            │
│ 増えてしまい 大きな社会問題となっている。                                │
│                                                            │
│ ドラゴンは寿命も長く、現役でいられる時間も長いので 仕事もなかなか回ってこない。   ...│
│                                                            │
│ 昔はそれでも良かったが、最近になってこの社会構造は破綻しかかっている。            │
└───────────────────────────────────────┘

998 : ◆20L.ujnjAg:2012/05/30(水) 22:36:12 ID:aLwpuZVc0


|      ヽ; :-:-/          、\{: : : : ∧:∨::::/: } \
|       |: :/        }    ヽ  ``7: : : |::::::/: :〈_ |
|  な  ク  {/       |    }\  }   l `∨: |::::| : : : 〉l
|        〉     /  |    | ト、ヽ |   | r: : ::}:::|_:-'_ |
|  ん  ソ  |   / /   |   /l | \ } r-、-、{: :ヽ:|::::}: : :} |
|        |  / /l  |   / |}  _>‐-` ヽ |ヽl: ::|:::/: : | |
|  て  ッ  |  / / |  |、 /  ||   |ノ      〉::/二} | r'
|        |  | | |  ハ|l /   ノ| ̄フ/    / }::}{{◎「- |
|  時  ヽ  |  | | |,斗'´|/    _/=:─l /:`:-'、{:::::::Y´ | :|
|       |、 | } | `__ニ_     〉: : : :∨: : : ノ:::z-' | |  |
|  代    }\{ヽ Ⅵ、´ ̄`  、〈: :: : : : : : : |:::::::;:}__ | l|  |
|       7  /ヽ┤ヽ     ァz>: : : : : ::|::::\: : `ヽ|  |
|  だ     /  / / | _,-`⌒:-、 /: : : : :  : |:::::::::|: : 、: ::\:|
|__ ! __ ,.」  // { |:::::::::::: :::::::::>ヘ: : : : : : :|:::::::::| \:::ヽ: :}|
 `'┤ / |   / |  |:::::。:::: ::::::::ヽヨ}: : : : . ::|:::::::::\::\:::}: :|
   | {  | /   |  |::::::::::::::: ::::::::::| : : : : : : |::::::::::::::\::\}: |



┌───────────────────────────────┐
│ そこで政府はこれらの問題を解決するために地上営巣法案を作った。.  │
│                                                  │
│ 作ったはいいが…いかんせん若者にやる気がないのだった。         .│
└───────────────────────────────┘
 
 
 


ll|   //
ll|」ヽl /‐ ー-‐ 7__
ll| -、  ノl__  く
ll| ヘ∨A  `\ ヽ
ll|―‐`'- .ヽ    `ー゙ァ
ll|       `ヽ   ヾ
ll|:       ',   ',
ll|:   ハ__ハ   ',    i
ll|  l l/ lヽ  :i.   |
ll|:  オ=‐-!、  ,!  r、!
ll|、 l、__ツ/ ,.イ  !
ll|_\l  ∠ィ´   /
ll|ニT_チ´  , ハ /
ll| ::::_ヾ  /!/ l/
rうー、::λ′
Y゙:::::::ヾ::!
lヽ::::::::::!:|
ll|: \;_;:ノ
ll| ,  ヽ、
ll|     \
ll|   '、  ` ‐r、
ll|    \   /l´
ll|:     ,,>'゙l┘
ll|___,,.. イヽ厂
ll|Vヽ/`''┘



┌─────────────────────────────────────────┐
│ 貪欲であることは大昔のドラゴンにとって 美徳の一つであったのだ。                  │
│                                                                │
│ 彼らは それが自分達の力を増大させる要素であることを理解していた。                   │
│                                                                │
│ しかし、豊かな生活はドラゴンに貪欲であることを忘れさせ、無気力な動物へ変えてしまった。... ...│
└─────────────────────────────────────────┘

999 : ◆20L.ujnjAg:2012/05/30(水) 22:36:25 ID:aLwpuZVc0

本編は後日…


1000 : ◆20L.ujnjAg:2012/05/30(水) 22:36:36 ID:aLwpuZVc0
おしまい

5 :名無しのやる夫だお:2012/05/30(水) 22:39:02 ID:w4exjE4c0
乙です。
埋めネタで不可解だった部分がかなりわかりました。まさか魔法がお稽古事になってしまっていたとは。

ブラッドはまさに魔王様が見初めた古代のドラゴンの意気込みを持っているわけですね。


15 :名無しのやる夫だお:2012/05/30(水) 22:47:59 ID:.Wy63Fq20
ある意味「完成」された世界なんだろうね。
足りないモノが無いから貪欲にもなれない。
ブラッドは足りないものだらけだったからこそある意味先祖返り起こして貪欲になってるわけだ
関連記事

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://yaruosanmatome.blog.fc2.com/tb.php/631-09070045


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。